Archive for the ‘大学海外拠点の活動’ Category

福岡工業大学 : カリフォルニア州立大学イーストベイ校にて、FINE program(福工大特別留学 プログラム)の学生が1年間派遣されます。(2016年3月~)

木曜日, 2月 4th, 2016

特待生向け奨学金制度を利用し、学部生2名が1年間カリフォルニア州立大学イーストベイ校に留学します。

福岡工業大学 : シリコンバレーにて、US-JAPAN FORUM主催によるグローバルプロ基礎コースに 参加します。(2016年2月22日~2月29日)

木曜日, 2月 4th, 2016

US-Japan Forumと複数の国内大学による合同海外研修プログラム。本プログラムでは、国際社会で活躍できる人材に必要なスキルとその習得方法を学びます。また海外で活躍する様々な職業のプロフェッショナルによる講演会やディスカッションを通して自分の将来像を描き、勉学や人生に対する目標を定めるマインドセットを持つことを目標とします。

福岡工業大学 : 新所長が就任しました。(2016年1月22日)

土曜日, 1月 23rd, 2016

福岡工業大学カリフォルニア事務所所長として、吉井 啓子(よしい けいこ)氏が着任致しました。

福岡工業大学 : カリフォルニア州立大学イーストベイ校にて、職員研修FASTプログラムを開催 しました。(2015年9月28日~11月28日)

日曜日, 11月 29th, 2015

今回最終回を迎えた大学職員向け米国海外研修。今回のテーマはブランディング。特に社会と教育との接続に関して考察を深めました。カリフォルニア州立大学イーストベイ校をコアにカリフォルニア州立工科大学サンルイス・オビスポ校やカリフォルニア州立大学マリタイムアカデミー、また、ネバダ大学ラスベガス校などを訪問し、米国事例から見えたチーム・エデュケーションやチーム・エデュケーションによる教育効果の最大化の考え方についての知見の共有を目的として実施されました。

福岡工業大学 : カリフォルニア州立大学イーストベイ校にて、教員研修LEADプ ログラムを開 催しました。(2015年9月28日~11月8日)

月曜日, 11月 9th, 2015

大学教員向け米国海外研修。同時期に実施された大学職員向け米国研修との協働テーマとして「社会と教育との接続」に事例を視察し、本学でも導入可能な施策を積極的に調査すると共に、日米の教育現場相違を体感するプログラムを実施。米国に派遣中の職員と教員が教職連動で大学への提言を纏め、研修修了後には全学的に報告会を行いました。

福岡工業大学 : カリフォルニア州立大学イーストベイ校にて、STAR(Step-up And Re- learning Program)プログラムを開催しました。(2015年10月28日~11月8日)

月曜日, 11月 9th, 2015

世界の革新的技術を生み出すシリコンバレーで「世界で活躍するエンジニア」のイメージを掴み、専門に対するモチベーションを高め、視野を広げるとともに、自己実現に向かたキャリアに繋げることを目的としています。シリコンバレー領域の企業訪問、米国で働くエンジニアとの対話、米国大学研究室訪問、米国大学教員によるセッションなどで構成され、大学院生1年生を対象とした短期研修プログラムを実施しました。

福岡工業大学 : カリフォルニア州立大学にて、海外英語研修を実施しました。(2015年8月21 日~9月12日)

日曜日, 9月 13th, 2015

カリフォルニア州立大学イーストベイ校ALP(American Language Program)で実施される海外英語研修では、16名の学生が日常英会話力やプレゼンテーション力の向上のみならず、STEMアクティビティーとしての企業訪問や市内視察を通してアメリカの文化や企業風土に触れ、新たな価値観やマインドを学び、多様性を受容することの重要性を学ぶ機会を得ました。

福岡工業大学 : カリフォルニア州立大学イーストベイ校にて、ACE/Peer Mentorリーダーシッ ププログラムを開催しました。(2015年8月14日~9月7日)

火曜日, 9月 8th, 2015

福岡工業大学とカリフォルニア州立大学イーストベイ校の共催にて、両校の特待生を対象としたリーダーシッププログラムを開催しました。日米学生20名が日米両国において、各界のリーダーによる講話を受け、リーダーシップに関するプロジェクトを通じてコミュニケーション力を磨く構成となっており、両校の総長が直接学生を指導するプログラムです。ACE修了イベントの日米学生の最終プレゼンテーションの模様はインターネットで生中継されました。

福岡工業大学 | カリフォルニア州立大学イーストベイ校にて、職員研修FASTプ ログラムを開催します。(2015年4月20日〜6月12日)

火曜日, 3月 24th, 2015

大学職員向け米国海外研修。今回のテーマは外部連携。LEAD派遣中の教員と協働で、専門科目におけるアクティブ・ラーニング事例を調査しつつ、そこで受けた教育を学生達がどのように地域に還元しているか(サービス・ラーニング)をヒアリングし、そこで得た知見を帰国後、学内で共有することを目指します。

福岡工業大学 | カリフォルニア州立大学イーストベイ校にて、教員研修LEADプ ログラムを開催します。(2015年4月20日〜5月23日)

火曜日, 3月 24th, 2015

大学教員向け米国海外研修。情報工学部専門課程におけるアクティブ・ラーニング事例を視察し、本学でも導入可能な施策を積極的に調査すると共に、日米の教育現場相違を体感するプログラムです。米国に派遣中の職員と教員が教職連動で大学への提言をまとめる予定となっています。

福岡工業大学 | 附属城東高校教諭の海外研修を実施します。(2015年3月1日〜3月6日)

月曜日, 3月 2nd, 2015

米国における中等教育の現場を視察するため、2名の教諭をサンフランシスコベイエリアの教育委員会ならびに高校に派遣します。テーマは「高大接続」。学園全体のグローバル化を推進するため、中等教育行政に対する視野拡大と学校運営における価値創造力の向上を目的としています。

福岡工業大学 | カリフォルニア州立大学イーストベイ校にて、教員研修LEADプログラムを開催します。(2014年10月6日〜11月5日)

木曜日, 9月 11th, 2014

大学教員向け米国海外研修。工学部専門課程ならびに初年次教育の授業にCo-Teachingで加わり、Office Hourを含めた学生に対する支援体制を確認し、日米の教育現場相違を体感するプログラムです。米国に派遣中の職員と教員が教職連動で大学への提言をまとめる予定となっています。

福岡工業大学 | カリフォルニア州立大学イーストベイ校にて、職員研修FASTプログラムを開催します。(2014年9月26日〜11月20日)

木曜日, 9月 11th, 2014

大学職員向け米国海外研修。今回のテーマは教育改革。教務領域において、とりわけ、初年次教育あるいは就業力育成といった一般的な素養を高めるカリキュラムの在り方、あるいは専門科目とのバランスなど、教養教育に力をかける米国大学を訪問し、知見を共有することを目的としています。

福岡工業大学 | カリフォルニア州立大学イーストベイ校にて、ACE/Peer Mentorリーダーシッププログラムを開催しました。(2014年8月15日〜9月12日)

木曜日, 9月 11th, 2014

福岡工業大学とカリフォルニア州立大学イーストベイ校の共催にて、両校の特待生を対象としたリーダーシッププログラムを開催しました。
日米学生20名が日米両国において、各界のリーダーによる講話を受け、リーダーシップに関するプロジェクトを通じてコミュニケーション力を磨く構成となっており、両校の総長が直接学生を指導するプログラムとなっています。

福岡工業大学 | カリフォルニア州立大学イーストベイ校にて、STAR(Step-up And Re-learning Program)プログラムを開催しました。(2014年8月20日〜8月27日)

木曜日, 9月 11th, 2014

福岡工業大学大学院生を対象とする、シリコンバレー領域の企業訪問、米国で働くエンジニアとの対話、米国大学研究室訪問、米国大学教員によるセッションなどで構成される短期研修プログラムです。本年がプログラム開始初年度となっており、大学院研究科長が直接指導にあたり、来年度以降も大学院生1年生を対象として展開する予定になっています。

福岡工業大学 | 新所長が就任しました。(2014年8月1日)

木曜日, 9月 11th, 2014

本学カリフォルニア事務所所長として、竹之内浩光(たけのうち ひろみつ)が着任致しました。

福岡工業大学 | カリフォルニア州立大学イーストベイ校にて、職員研修FASTプログラムを開催しました。(2014年5月7日〜6月28日)

木曜日, 9月 11th, 2014

大学職員向け米国海外研修。今回のテーマは学生支援。特に、課外領域における学生支援あるいは学生同士の学び合いに関して考察を深めました。カリフォルニア州立大学イーストベイ校をコアに、他のカリフォルニア州立大学やネバダ大学などを訪問しました。

福岡工業大学 | UCOP・Stanfordの教務担当副学長を訪問しました。(2014年6月5日〜6月11日)

木曜日, 9月 11th, 2014

カリフォルニア大学総長室、スタンフォード大学工学部、サンタクララ大学の教務担当を訪問し、各校におけるテニュアトラック制度の現状とその問題点、日米の教員評価システムの違いについて意見交換する機会をもちました。

福岡工業大学 | カリフォルニア州立大学イーストベイ校音楽学部学生20名を日本に派遣しました。(2014年3月24日〜3月29日)

木曜日, 9月 11th, 2014

カリフォルニア州立大学イーストベイ校の音楽学部に所属する学生20名を、日本での音楽交流プログラムに派遣しました。福岡訪問中は、全国大会で金賞を受賞した本学吹奏楽団とのコンサートも共催しました。

第91回JUNBA理事会を開催しました。(2014年4月16日)

木曜日, 4月 17th, 2014

第91回JUNBA理事会を以下のとおり開催しました。

日時:2014年4月16日(水)15:15 – 18:00
場所:九州大学カリフォルニアオフィス

第90回JUNBA理事会を開催しました。(2014年2月26日)

木曜日, 2月 27th, 2014

第90回JUNBA理事会を以下のとおり開催しました。

日時:2014年2月26日(水)15:00 - 18:00
場所:大阪大学サンフランシスコ教育研究センター

第89回JUNBA理事会を開催しました。(2013年12月13日)

月曜日, 12月 16th, 2013

第89回JUNBA理事会を以下のとおり開催しました。

日時:12月13日(金)10:30-13:00
場所:JSPSサンフランシスコ研究連絡センター

第88回JUNBA理事会を開催しました。(2013年11月12日)

水曜日, 11月 13th, 2013

第88回JUNBA理事会を以下のとおり開催しました。

日時:11月12日(火)15:00-18:00
場所:JSPSサンフランシスコ研究連絡センター

第87回JUNBA理事会を開催しました。(2013年10月9日)

木曜日, 10月 10th, 2013

第87回JUNBA理事会を以下のとおり開催しました。

日時:10月9日(水)15:00-17:50
場所:JSPSサンフランシスコ研究連絡センター

福岡工業大学/次世代型教育・研究施設の視察(2013年11月13日~24日)

木曜日, 10月 3rd, 2013

全米各地に広がる、ICTを核に据えた次世代型の教育・研究施設、また公共の教育施設を、2013年11月13日~24日に学長を団長とした教職員グループが訪問します。高等教育関係者のみならず、初等・中等教育関係者や行政関係者と、次世代の人材育成に関する意見交換を行い、本学が目指す次なる教育指標を見極め、設定することを目的とします。

2013年度後期遠隔講義を開催します。

金曜日, 9月 20th, 2013

2013年度の後期遠隔講義「世界の事情を英語で学ぶ-世界のトップレベルの講義を聴こう:北米大学事情と最先端研究-」を、10月8日より配信します。
大阪大学の交流協定締結校を中心に、世界トップランキング大学の講師による英語での講です。学問や研究の面白さと「英語的思考」を訓練し、論理的また批判的思考(Critical Thinking)を身につけることを目的としています。

G30による日本留学説明会(アメリカ)が開催されます!(2013年10月12日、13日)

金曜日, 9月 20th, 2013

G30推進事務局による日本留学フェアが、10月12日にサンフランシスコ北加日本文化コミュニティ・センターにて、また、10月13日にUCバークレーにて、アメリカで初めて開催されます。日本への留学を考えている高校生や大学生、保護者の方や教師の方、スクールカウンセラーにご来場いただき、日本の大学の教職員と直接、日本での生活や日本留学に関することをご質問いただく機会になればと思います。
グローバル30(国際化拠点整備事業)は文部科学省によって5年前に開始しており、グローバル30採択大学*は学士、修士、博士レベルの英語による学位プログラムを実施しております。
*国際化拠点整備事業採択校 :
東北大学、筑波大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学、早稲田大学、同志社大学、立命館大学 (全13大学)
大阪大学からも参加いたします。
卒業生・留学生・関係される方々のご参加を歓迎いたします。
照会先:info@osaka-u-sf.org, 415-509-1957(SFセンターTEL)

※G30推進事務局HPはこちら ;http://www.uni.international.mext.go.jp/info/2013/08/global-30-japan-education-fair-u-s-a/

PosterG30JapanEducationFairUSFinal

「理学部科学英語夏期海外研修」が実施されます。(2013年9月2日~9月26日)

日曜日, 9月 1st, 2013

理工系学部生向けの標記研修が、カリフォルニア州モラガ市(サンフランシスコ市周辺)St. Mary’s College等で実施し、本年は、10名が参加する予定です。

 プログラムの内容は以下の通りになります。
 ・St. Mary’s College of CAにてリベラルアーツ教育の中で総合的な英語力を養う
 ・理系科学英語を学び、英語プレゼンテーションスキルを養う
 ・シリコンバレー企業を訪問し、アメリカの企業環境を学ぶ
 ・現地大学生、高校生との交流を通して異文化に触れる

 当センターは、研修の送迎、研修視察、研修中の諸問題に対するサポート、その他危機管理、といった研修全体の支援や、サンフランシスコ・シリコンバレーの企業、大学や高校を訪問するサンフランシスコ研修を企画・実施支援しています。サンフランシスコ研修は2日間行われ、サンフランシスコ市内にあるGorge Washington 高校を訪問し、学生と英語でコミュニケーションをとる学生交流や、シリコンバレーにあるPARC、HPといった有名企業の訪問、スタンフォード大学の散策を行います。サンフランシスコ研修を通じて、米国学生との交流による生きた英語、アメリカの大学キャンパス環境、アメリカ発のテクノロジー開発の現場等を学びます。

福岡工業大学/カリフォルニア州立大学における海外FDプログラム(LEAD Program)をスタートします。

月曜日, 8月 26th, 2013

2013年10月5日より、福岡工業大学とカリフォルニア州立大学イーストベイ校の共催で、大学経営に焦点をあてた研修プログラムをスタートします。プログラム期間は6週間。派遣期間中、カリフォルニア州立大学イーストベイ校を中心としたCSU大学関係者と教学周りの大学経営課題について徹底的に議論します。また、米国大学における教育手法と日本における教育手法の違いに関して、本質的な理解を深めるため、プログラム期間中はCo-Teachingを取り込み、日米両教員による授業運営に取り組みます。本プログラムは教職連動型のプログラムとして設定し、派遣は教職員が一対となって実施する予定です。

名古屋大学米国技術移転事務所(NU Tech)/Crop Science and Biotechnology Roundtable を開催します。

月曜日, 8月 26th, 2013

イベント名: Crop Science and Biotechnology Roundtable
日時:    2103年10月25日(金) 午前8時半から午後1時半(午後8時より受付)
会場:    ノースカロライナ バイオテクノロジーセンター (15 TW Alexander Drive, Research Triangle Park, NC 27709)
参加費:   無料 (NU Techのウェブサイトにて事前登録が必要です。)
協賛:   名古屋大学、 ノースカロライナ大学チャペルヒル校、デューク大学、 ノースカロライナ州立大学
主催:    名古屋大学、 NU Tech
連絡先:  NU Tech 安座間(あざま)までお気軽にご連絡下さい。
      (電話)919.535.8724
      (電子メール) kazama@tpnu.org
   (ウェブサイト)http://www.nutechtransfer.org (詳細は随時更新予定)

概要:
来る10月25日(金)、リサーチ・トライアングル・パーク(RTP)にて、名古屋大学並びにRTP内に事務所を構える名古屋大学米国技術移転事務所 Technology Partnership of Nagoya University, Inc. (NU Tech)がショウケースイベントを開催致します。今年は「Crop Science 及び Biotechnology」を主題とし、名古屋大学および地元3大学から研究者を招いて最新技術を紹介致します。また、農業系6大国際企業のうちのMonsanto社、Bayer CropScience社、そしてRTPに北米HQを置くSyngenta社からゲストスピーカ-を招待します。さらに講演会後に昼食を交えながらの地元の製薬企業、投資家、大学研究者とのネットワーキングの場を設けます。参加費は無料ですので、皆様、奮ってご参加下さい。なお、事前登録が必要ですので、お手数ですが上記のウェブサイトのアドレスよりご登録下さい。

NUtech_1
NUtech_2

福岡工業大学/カリフォルニア州立大学野球部を日本に招待し、日米大学野球交流戦を福岡にて開催します。

金曜日, 8月 23rd, 2013

福岡工業大学とカリフォルニア州立大学イーストベイ校の共催で、野球部の交流戦を福岡にて実施します。交流戦には九州産業大学も加わり、日本文化体験を交え、野球を土台とした交流を目指します。プログラムは野球交流戦のみではなく、座学も設定し、元メジャーリーガーによる講義、カリフォルニア州立大学学長によるリーダー論の講義、在福岡米国領事館領事による講義など、福岡周辺の大学生に広く開放して実施します。

福岡工業大学/カリフォルニア州立大学イーストベイ校 両校トップ学生向けのリーダーシッププログラム(ACEプログラム)を行います。

土曜日, 8月 17th, 2013

福岡工業大学とカリフォルニア州立大学イーストベイ校の共催で、日米学生向けのリーダーシッププログラムを開催します。日米の参加学生20名は米国での10日間の研修を受講した後、日本での10日間の研修に参加します。プログラムはすべて英語で実施し、各界のリーダーを講演者として招聘し進めます。

「理工系大学院生のための海外研究発表研修コース」が実施されます。(8月16日~9月21日)

木曜日, 8月 15th, 2013

 2003年より工学研究科国際交流推進センターが実施している標記研修が、UCデービス等で本年も実施され、工学研究科、基礎工学研究科、理学研究科から24名が参加する予定です。
プログラムの内容は以下の通りになります。
・英語での研究発表能力(4技能)の向上
・研究活動に必要な英語でのコミュニケーション能力の向上
・米国の理工系大学院における研究環境を知る
・英語学習動機の向上
・ホームスティを通してアメリカの社会・文化を知る
 当センターは、研修の送迎、部局教員との研修視察、研修中の諸問題に対するサポート、その他危機管理、デービス学生団体(JASS)との交流支援、といった研修全体支援や、サンフランシスコ・シリコンバレーの企業、大学を訪問するサンフランシスコ研修を企画・実施支援しています。サンフランシスコ研修は2日間行われ、サンフランシスコ近郊のUCバークレーを訪れ、UCバークレーの学生との交流や、シリコンバレーにあるGoogleやPARC、HPといった有名企業の訪問、スタンフォード大学の散策を行い、アメリカの大学キャンパス環境や、アメリカ発のテクノロジー開発の現場を学びます。
 また、昨年のUCバークレーの学生との交流では、講師をお招きした”Learning Bar“を学生が企画・実施し、大いに盛り上がりました。

福岡工業大学/ソルボンヌ大学MBAプログラム教員を招いて、日仏米のMBAプログラム教育手法比較に関するフォーラムを実施しました。

金曜日, 8月 9th, 2013

カリフォルニア州立大学イーストベイ校と共催で、ビジネス大学院における最新教育手法に関して、日仏米の大学関係者が集まり、クローズドフォーラムを実施しました。

2013年度前期遠隔講義を実施しました

金曜日, 7月 26th, 2013

2013年度の前期遠隔講義「世界は今ーサンフランシスコから」を4月18日から7月24日までにわたり、計12回配信しました。
この講義は大阪大学の国際交流科目として全学部の学部生を対象としています。
シリコンバレーとベイエリアを中心に活動されている日本人の方々を講師に招き、国際社会に貢献しようとするチャレンジ精神と根本的な勉学のあり方を学ぶ契機とすることを目指しています。

Osaka Friends Night (特別講演会)を開催しました!

日曜日, 7月 21st, 2013

ニューヨーク市内にあるThe Nippon Clubのローズルームにて、7月20日午後3時から5時30分まで、第3回大阪フレンズナイト(北米同窓会・SFセンター共催特別講演会・レセプション)を開催しました。地元ニューヨークを始め、ワシントンDC、シカゴ、ロスアンゼルス、サンフランシスコ等より参加した同窓生40数名を含め100名を越える方(事前登録120名)が参加し、無事盛会裏に終了しました。

福岡工業大学/サンタクララ大学訪問

木曜日, 5月 16th, 2013

Admissionプロセスに力点を置くサンタクララ大学を訪問し、学力以外の学生の力を見極める手法や学内での評価プロセスについて、本学教職員向けの講義を設定しました。

福岡工業大学/メンローカレッジ訪問

木曜日, 5月 9th, 2013

メンローカレッジ工学部を訪問し、工学部が主体となって進めるNPO/NGOと共同してのデザインコースを視察。モバイル環境や3Dプリンターを活用したデザイン教育について意見交換しました。

福岡工業大学/カリフォルニア州立大学イーストベイ校にて、職員研修プログラムを実施しました。

金曜日, 4月 19th, 2013

募集広報戦略を中核に据え、プログラム評価手法について学ぶための職員研修プログラムを2ヶ月に渡り実施しました。

東北大学/カリフォルニア大学リバーサイド校に学生派遣(2013年2月~3月)

土曜日, 3月 23rd, 2013

グローバル社会で活躍する「指導的人材」となるための基礎力を養うため、2013年(平成25年)2月9日(土)から3月1日(金)の日程で、学生30名をカリフォルニア大学リバーサイド校に派遣しました。また、経済学部・経済学研究科の海外特別短期留学プログラムとして15名の学生を同大学に派遣しました。

詳細はこちら(UCR派遣プログラム)
詳細はこちら(経済学部・経済学研究科海外短期特別留学プログラム)

東北大学/カリフォルニア大学リバーサイド校に東北大学センターを設置(2013年2月1日)

月曜日, 2月 11th, 2013

2013年(平成25年)2月1日、東北大学は大学間協定校であるカリフォルニア大学リバーサイド校エクステンションセンター内に東北大学センターを設置し、去る2月11日(月)、現地にてセンター開所式を行いました。

詳細はこちら

福岡工業大学カリフォルニア事務所/日米合同リーダーシッププログラム(ACE Program)を実施します。(2012年8月下旬~9月上旬)

月曜日, 8月 27th, 2012

カリフォルニア州立大学イーストベイ校(CSUEB)特待生と本学特待生を対象としたリーダーシッププログラムを日米協同で立ち上げます。ベイエリアの政財界で活躍するリーダーを講演者として招聘し、日米双方の学生が議論する機会を創出します。CSUEB学生も来日し、本学にて実施します。

東京理科大学サンフランシスコ事務所/北加理窓会を開催しました。(2012年8月26日)

日曜日, 8月 26th, 2012

去る8月26日に、北加理窓会を開催しました。
ベイエリアで活躍中の東京理科大学卒業生4人の方々とそのご家族、UC Davisに留学中の東京理科大生2人とその友人2人(同じくUC Davisに留学中)、そして東京理科大サンフランシスコ事務所職員2人が参加し、懇親会を開催しました。
ベイエリアにおける本学卒業生と留学中の学生との交流を通して、今後の新たなネットワーク作りによるさらなる活躍を期待しています。

日時:2012月8月26日(日)15:00~
場所:OB久保田氏のご自宅

福岡工業大学/秋葉芳江さんによる日本文化体験を、カリフォルニア州立大学イーストベイ校学生向けに企画します。(2012年8月22日)

水曜日, 8月 22nd, 2012

バークレーにある禅寺好人庵において、カリフォルニア州立大学イーストベイ校のアメリカ人学生向けに、禅・お茶・習字などの日本文化を学ぶ機会を企画します。

福岡工業大学/カリフォルニア州立大学イーストベイ校にて原田首席領事による特別講義を開講します。(2012年8月21日)

火曜日, 8月 21st, 2012

在サンフランシスコ日本国総領事館の原田首席領事による特別講演を開催します。外交官としてのキャリアをご紹介頂くと同時に、世界で活躍するために必要となるリーダーシップについてお話頂く予定です。英語による講義となるため、本学学生に加えて、カリフォルニア州立大学学生たちも参加予定です。

九州大学カリフォルニアオフィス/SVEP(Silicon Valley English Program)を実施します。(2012年8月18日~9月7日)

土曜日, 8月 18th, 2012

CAオフィスが全面的にバックアップした シリコンバレー英語研修(Silicon Valley English Program (SVEP)) を実施します。今年で6回目となる本プログラムは、45人の募集人員に対し100名の応募があったことから、厳正な選考によって参加者が決定されました。本プログラムは、学生をグローバル人材へと転換するプログラムとも言え、従来の英語研修の枠を超えたものです。サンノゼ州立大学のアメリカ英語研究所(SAL)での英語研修をベースとし、1ヶ月間のホームステイによって24時間英語に浸る環境を提供します。また、スタンフォード大学、サンノゼ州立大学における講義の受講や、Yahoo!本社、Oracle本社などの民間企業や研究所に訪問するフィールドトリップを通し、シリコンバレーに息づく企業家精神に触れ、自分自身や日本を外から見つめる国際的感覚を養います。

http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/california/program.html

九州大学カリフォルニアオフィス/ALEP(Agri-Bio Leaders English Program)を実施します。(2012年8月18日~9月7日)

土曜日, 8月 18th, 2012

九州大学農学研究院とCAオフィスが全面的にバックアップしたアグリバイオリーダー育成プログラムAgri-Bio Leader English Program (ALEP) を実施します。今年度は農学部生および大学院生物資源環境科学府生42人が参加予定です。本プログラムは、単なる英語研修プログラムではなく、”問題解決のための科学”の視点を持ち、さらに国際的視野を広げ、学部卒業後、あるいは大学院修了後に、アグリバイオの国際的な場で、俯瞰的視野を持って、自ら実問題を把握し、リーダーシップを発揮できる進化型人材を育成することを目指します。ホームステイをしながら、九大の協定校でもあるサンノゼ州立大学のアメリカ英語研究所(SAL)での英語研修への参加をベースに、スタンフォード大学、サンノゼ州立大学における講義を受けます。なお、シリコンバレーで有名なサンノゼ市を中心に、民間企業や研究所に訪問するフィールドトリップも行います。

http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/california/program_a.html

福岡工業大学カリフォルニア事務所/日米合同リーダーシッププログラム(ACE Program)を実施します。(2012年8月17日~26日)

金曜日, 8月 17th, 2012

カリフォルニア州立大学イーストベイ校(CSUEB)特待生と本学特待生を対象としたリーダーシッププログラムを日米協同で立ち上げます。ベイエリアの政財界で活躍するリーダーを講演者として招聘し、日米双方の学生が議論する機会を創出します。本学学長自らが引率し、CSUEBにて実施します。

福岡工業大学/カリフォルニア州立大学イーストベイ校にて、「Roundtable on university careers for women」を開催しました。(2012年8月9日)

木曜日, 8月 9th, 2012

福岡工業大学とカリフォルニア州立大学イーストベイ校の共催にて、高等教育界における女性のキャリア構築に関するラウンドテーブルを開催しました。米国大学側の女性Exectiveとして、Vice President 2名、Associate VP1名、Executive Director1名をお招きして、女性としての働き方、家庭との両立、仕事に対する想いなどを語って頂きました。ベイエリア地域にて活躍する日本人教職員やリサーチャーの方にも参加頂きました。

早稲田大学サンフランシスコオフィス/UC Berkeleyと本学間でグローバル・リーダーシップ・プログラムの調印が行われました。(2012年8月9日)

木曜日, 8月 9th, 2012

UC Berkeleyと本学間でグローバル・リーダーシップ・プログラムの調印が行われました。(2012年8月9日)

↓グローバル・リーダーシップ・プログラムについて
http://www.cie-waseda.jp/glp/

dscn6466

(左)UC Berkeley; Professor Robert Birgeneau, Chancellor、(右)早稲田大学; 鎌田薫総長

早稲田大学サンフランシスコオフィス/在サンフランシスコ日本国総領事主催による日米大学交流支援レセプションが開催されました。(2012年8月8日)

水曜日, 8月 8th, 2012

猪俣弘司在サンフランシスコ日本国総領事主催による日米大学交流支援レセプションが総領事公邸にて開催され、鎌田薫総長、内田勝一副総長、山川宏理工学術院長他が出席しました。
レセプションは、近隣米国大学、JUNBA加盟大学、各関係機関に加え、校友も多数出席し、和やかな雰囲気の中で行われました。

http://www.waseda.jp/jp/news12/120829_sf.html
http://www.sf.us.emb-japan.go.jp/archives/PR/2012/pr_12_0808.htm
http://www.sportsj-usa.com/z0026.php

早稲田大学サンフランシスコオフィス/アメリカ・カナダの56大学/機関へ学生を派遣しました。(2012年8月・9月)

水曜日, 8月 1st, 2012

2012年8月・9月から、アメリカ・カナダの56大学/機関へ交換プログラム、ISAプログラム、TSAプログラムに参加する学生441名を派遣しました。

http://www.waseda.jp/cie/divide/international.html

桜美林学園ファウンデーションオブアメリカ/カナダ夏期セミナーを開催します。(2012年8月)

水曜日, 8月 1st, 2012

桜美林大学の学生(約10~15名)が毎年恒例のカナダ夏期セミナーに参加します。学生達はブリティッシュ コロンビア州のビクトリアで、ホームステイをしながら1ヶ月間、ビクトリア大学の集中英語講座を受け、様々な課外活動に参加します。

桜美林学園ファウンデーションオブアメリカ/桜美林大学の学生がライトハウス社主催 企業インターンシッププログラムに参加します。(2012年8月)

水曜日, 8月 1st, 2012

桜美林大学の学生がロサンゼルス郊外トーレンス市及び近郊にある日系企業、教育機関等において、1ヶ月間、インターン生として働きます。
このプログラムは、トーレンス市にあるライトハウス社キャリアエンカレッジ部により提供されています。

桜美林学園ファウンデーションオブアメリカ/UCLA夏期セミナー を開催します。(2012年 8月)

水曜日, 8月 1st, 2012

桜美林大学の学生(約10~15名)が毎夏恒例のUCLA夏期セミナーに参加します。学生達はUCLA Extension, American Language Center主催のAcademic Intensive English Programで1ヶ月間にわたり海外留学生と共に集中英語講座を受けます。

桜美林学園ファウンデーションオブアメリカ/桜美林大学リベラルアーツ学群グローバル・アウトリーチプログラムで100名の学生がアメリカ・カナダの大学にて語学留学します。(2012年 8月)

水曜日, 8月 1st, 2012

リベラルアーツ学群の1年生、約100名の学生が、アリゾナ州、オレゴン州、コロラド州、アーカンソー州、テネシー州、ミシシッピ州、カリフォルニア州、ノース カロライナ州、ジョージア州、ミズーリ州、カナダ・オンタリオ州、マニトバ州、ブリティッシュ コロンビア州の大学に一学期間、語学留学します。
主としてESLで英語を学び、現地の学生や海外留学生と一緒にボランティアや課外活動に参加します。学生達はホームステイまたは、大学の寮で生活しますが、寮の場合でも地元の家族(フレンドシップファミリー)との交流を経験します。

桜美林学園ファウンデーションオブアメリカ/ジュニアイヤー・ソフォモアイアー アブロードプログラムで、桜美林大学の学生が、米国・カナダの大学に1年間の交換留学に出発します。(2012年8月)

水曜日, 8月 1st, 2012

桜美林大学 Junior Year/Sophomore Year (JYA/SYA)交換留学プログラムで、20名の学生が、ノースカロライナ州、カンザス州、テネシー州、ジョージア州、ハワイ州、カナダ・ブリティッシュ コロンビア州 の大学に、1年間の交換留学生として派遣されます。

桜美林学園ファウンデーションオブアメリカ/教育社会福祉NPO ボランティア プログラムを開催します。(2012年8月)

水曜日, 8月 1st, 2012

教育社会福祉NPO ボランティア プログラムを開催します。桜美林大学の学生がサンフランシスコを訪問し、学童保育(小学生のアフタースクールプログラム)、 老人ホーム、動物シェルター、NGO オフィスワーク、日本語教師アシスタント、幼児教育(保育園、幼稚園)、国立公園環境保全、精神・身体障害者施設の分野から選択した施設において、約一ヶ月間のボランティア活動を行います。

桜美林学園ファウンデーションオブアメリカ/アトランタのスポーツビジネス プログラムを開催します。(2012年8月)

水曜日, 8月 1st, 2012

アトランタのスポーツビジネス短期プログラムを開催します。桜美林大学の学生約22名が ジョージア州のアトランタを訪問し、アメリカのスポーツビジネス経営について研修します。この研修ではメジャーリーグのアトランタ・ブレーブス、トリプルAの グイネット・ブレーブス、シングル Aのローム・ブレーブスの経営陣や選手との面談、スタジアムツアーや試合観戦をしたり、野球のみならず、プロのフットボールチーム・ アトランタファルコンズの試合にも同行し、スタジアム、メディア、PR、選手のリクルート法等のプロのフットボール経営についても学びます。更に、カレッジスポーツの強豪ジョージア工科大学、ジョージア州立大学を訪問し、大学のチーム運営についても学びます。

早稲田大学サンフランシスコオフィス/早稲田大学サンフランシスコオフィスが移転しました。(2012年7月)

日曜日, 7月 1st, 2012

早稲田大学サンフランシスコオフィスが、次の住所に移転しましたので、お知らせいたします。

Waseda USA, San Francisco Office
44 Montgomery Street, Suite 2440, San Francisco, CA 94104
Tel: +1-415-693-9286
Fax: +1-415-693-9287
E-Mail: infosf@wasedausa.org

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/大阪大学北米地区同窓会と共催で「Osaka Friends Night!!」を開催します。(2012年6月30日)

土曜日, 6月 30th, 2012

大阪大学北米同窓会と共催で、2012年6月30日(土)夕刻、サンフランシスコ市PPIC Bechtel Conference Centerにて「大阪フレンズナイト」(特別講演会)を開催します。
本学からは平野俊夫総長を、またニューヨークからは、本学同窓生の加藤友朗コロンビア大学教授を特別講演者としてお招きします。

詳細はこちら

福岡工業大学カリフォルニア事務所/カリフォルニア州立大学との連携により、職員の海外研修を実施します。(2012年6月後半~8月後半)

金曜日, 6月 15th, 2012

女子学生に特化したエンロールマネジメントを題材として、本学職員が海外での研修に取り組みます。

福岡工業大学カリフォルニア事務所/本学理事長がUC・Stanford・CSU・Collegeを訪問します。(2012年6月15日~6月26日)

金曜日, 6月 15th, 2012

本学理事長が、ベイエリアに点在する主要大学ならびにカレッジのトップと、教育・研究に関する戦略的課題について意見交換します。

早稲田大学サンフランシスコオフィス/サンフランシスコ日本町において、国際教養学部学部説明会を実施しました。(2012年6月10日)

日曜日, 6月 10th, 2012

サンフランシスコ日本町において、国際教養学部学部説明会を実施しました。

実施日:2012年6月10日
場所:JCCCNC(Japan Town)

国際教養学部について→http://www.waseda.jp/sils/jp/about/

早稲田大学サンフランシスコオフィス/ベイエリアにて国際教養学部AO入試を実施しました。(2012年6月9日)

土曜日, 6月 9th, 2012

ベイエリアにて国際教養学部AO入試を実施しました。

実施日:2012年6月9日
場所:早稲田大学サンフランシスコオフィス(日本学術振興会サンフランシスコ研究連絡センター内)
参考リンク:http://www.waseda.jp/sils/jp/e_student/

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/九州大学カリフォルニアオフィス/桜美林学園ファウンデーションオブアメリカ/東京理科大学サンフランシスコ事務所/福岡工業大学カリフォルニア事務所/JSPS サンフランシスコ研究連絡センター/NAFSA2012に参加します。(2012年5月27日~6月1日)

日曜日, 5月 27th, 2012

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター、九州大学カリフォルニアオフィス、桜美林学園ファウンデーションオブアメリカ、 東京理科大学サンフランシスコ事務所、福岡工業大学カリフォルニア事務所、JSPS サンフランシスコ研究連絡センターは、テキサス州ヒューストンで開催されるNAFSA2012に参加します。

NAFSA2012 ANNUAL CONFERENCE & EXPO
日程:2012年5月27日~6月1日
会場:George R. Brown Convention Center(テキサス州ヒューストン)
http://www.nafsa.org/annualconference/default.aspx

早稲田大学サンフランシスコオフィス/ベイエリアにて外国学生AO入試を実施しました。(2012年5月12、13、19日)

土曜日, 5月 19th, 2012

ベイエリアにて外国学生AO入試(基幹理工学部、先進理工学部、政治経済学部、社会科学部、経済研究科)を実施しました。(2012年5月12、13、19日)

実施日:2012年5月12、13、19日
場所:早稲田大学サンフランシスコオフィス(日本学術振興会サンフランシスコ研究連絡センター内)
参考リンク:http://www.waseda-iao.jp/waseda/j/index.html

福岡工業大学カリフォルニア事務所/タマサート大学(タイ)が本学を訪問しました。(2012年5月7日)

月曜日, 5月 7th, 2012

本学カリフォルニア事務所が進める職員研修のヒアリングを目的として、タイのタマサート大学教授が幹事を務める、タイ産業界メンバーが本学を訪問しました。JUNBAでの他大学職員との連携を含めて、説明しました。

福岡工業大学カリフォルニア事務所/フロリダ州立大学でのシンポジウムに参加しました。(2012年4月28日~5月3日)

土曜日, 4月 28th, 2012

初年次教育プログラムの構築について、フロリダ州立大学で実施されたシンポジウムに招聘され参加しました。
カリフォルニア州立大学イーストベイ校(CSUEB)客員教授である米田達郎カリフォルニア事務所所長が招聘されました。

福岡工業大学カリフォルニア事務所/サンホゼ州立大学総長就任式に出席しました。(2012年4月20日)

金曜日, 4月 20th, 2012

本学より大谷忠彦常務がプラットフォームメンバーとして、各国大使やCSU学長メンバーと並んで、就任式に出席いたしました。
アフガニスタン出身のDr. Mo Qayoumiが、CSUの中でも大きく、歴史あるサンホゼ州立大学の学長に就任するということで、ローカル版のみならず全国版のテレビでも大きく報道されました。

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/2012前期遠隔講義を開始しました。(2012年4月12日~)

木曜日, 4月 12th, 2012

2012年度の前期遠隔講義「世界は今-サンフランシスコから」の配信が4月12日より開始しました。
この講義は大阪大学の国際教養科目として大阪大学全学部の学部生を対象としています。シリコンバレーとベイエリアを中心に活動されている日本人の方々を講師に招き、国際社会に貢献しようとするチャレンジ精神と根本的な勉学のあり方を学ぶ契機とすることを目指しています。今年度も220名の学生が受講登録しています。

九州大学カリフォルニアオフィス/2012年度前期大学院共通科目:「九大生よ、ビジネスを学ぼう」、2012年度前期全学教育科目:「課題科目Ⅱ:会社とは何か、起業するとは何かを学ぼう」が開講しました。(2012年4月~7月)

火曜日, 4月 10th, 2012

九大生の90%が企業に就職するという現実を踏まえて、会社やビジネスの本質について概観することを目的に開講されました。本科目は、遠隔授業を用いて、九州大学各キャンパスとカリフォルニアオフィスを連結して行われます、日本およびシリコンバレーより多様な講師陣が、会社の形態の概説、新事業開発、研究開発、生産、マーケッティング、という縦糸、それを支える人事、経理、財務、総務などの横糸、そしてそれを統括するマネージメントなどの各立場から会社とは何かについて、講師自身の経験を加えた講義を提供します。また、起業するということはどういうことか、ベンチャーキャピタルの役割、起業経験者による苦労や楽しさなどを学べる内容です。

http://rche.kyushu-u.ac.jp/~in-kyotsu/H24/business.html

九州大学カリフォルニアオフィス/QREP2011を開催しました。(2012年3月4日-10日)

金曜日, 3月 23rd, 2012

3月4日-10日にかけて、25名の学生が参加した第7回目となるQREPを開催しました。これはシリコンバレーにおいて活躍する多彩な方達の講義、ハイテク企業訪問、スタンフォード大学生との交流をとおして、キャリア形成への意識、新たなことにチャレンジする意識を高める教育プログラムです。

http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/california/qrep/qrep_2011.html

http://www.qrec.kyushu-u.ac.jp/educations/program/qrep

福岡工業大学カリフォルニア事務所/SS/SVリーダーシッププログラムを実施しました。(2012年3月22日~4月3日)

木曜日, 3月 22nd, 2012

カリフォルニア州立大学イーストベイ校のリーダシッププログラム特待生と本学特待生を対象とした、日米大学合同のリーダーシップ研修を企画し、実施しました。日本とアメリカで連続した2週間のプログラムで、リーダーシップ育成を目的として、両大学の教員、日米の起業家、弁護士、政治家からの講義を設定しました。

福岡工業大学カリフォルニア事務所/カリフォルニア州立大学イーストベイ校学長を招聘しました。(2012年3月22日~28日)

木曜日, 3月 22nd, 2012

カリフォルニア州立大学イーストベイ校リロイ学長を本学に招聘して、「カリフォルニア高等教育事情」に関する特別講演会を実施しました。

東京理科大学サンフランシスコ事務所/東京理科大学スプリング研修プログラム”シリコンバレーでキャリアパスを考えよう”がベイスポに掲載されました。(2012年3月16日)

金曜日, 3月 16th, 2012

東京理科大学スプリング研修プログラム”シリコンバレーでキャリアパスを考えよう”がベイスポ1216号21ページに掲載されました。(2012年3月16日)
詳細はこちら

福岡工業大学カリフォルニア事務所/日本学生支援機構「留学交流」2012年3月号に、米田達郎所長が寄稿しました。(2012年3月)

月曜日, 3月 12th, 2012

福岡工業大学カリフォルニア事務所所長の米田達郎が、日米合同でのリーダシッププログラムに関する事例紹介を寄稿しました。

http://www.jasso.go.jp/about/documents/tatsuroyoneda.pdf

東京理科大学サンフランシスコ事務所/東京理科大学スプリング研修プログラム”シリコンバレーでキャリアパスを考えよう”を開催します。(2012年3月2日〜10日)

金曜日, 3月 2nd, 2012

東京理科大学スプリング研修プログラム”シリコンバレーでキャリアパスを考えよう”を開催します。(2012年3月2日〜3月10日)

ポスターはこちら
詳細はこちら

福岡工業大学カリフォルニア事務所/カリフォルニア州立大学イーストベイ校に特待生1名が1年間派遣されます。(2012年3月~)

木曜日, 3月 1st, 2012

特待生向け奨学金制度を利用し、学部生1名が1年間カリフォルニア州立大学イーストベイ校に留学します。

早稲田大学サンフランシスコオフィス/早稲田大学サンフランシスコオフィスが開設しました(2012年3月)

木曜日, 3月 1st, 2012

早稲田大学サンフランシスコオフィスが、オレゴンオフィスから移転し、次の住所に開設されましたので、お知らせいたします。

Waseda USA, San Francisco Office
c/o JSPS San Francisco Office
2001 Addison St. Suite 260, Berkeley, CA 94704-1181

桜美林学園ファウンデーションオブアメリカ/グローバル・ビジネスプログラムを開催します。(2012年2月)

火曜日, 2月 28th, 2012

グローバル・ビジネスプログラムを開催します。ビジネスマネジメント学群の学生22名がジョージア州のアトランタを訪問し、Fortune誌のトップ500のリストに入っている米国の会社。Coca-Cola、UPSにCNNを訪問します。また、日通、TOTO、Kubota等の日系企業にも訪問します。これらはジョージア州の日米協会の協力で企画しました。(2012年2月)

東京理科大学サンフランシスコ事務所/北加理窓会がサンフランシスコ事務所派遣者の交代に伴う歓送迎会を開催しました。(2012年2月25日)

土曜日, 2月 25th, 2012

北加理窓会がサンフランシスコ事務所派遣者の交代に伴う歓送迎会を開催しました。(2012年2月25日)

理科大OBならびに関係者5名と事務職員2名が参加。Intelミュージアム、アップル本社等、シリコンバレーツアーの後Picchetti Wineryで歓送迎会を開催しました。東京理科大サンフランシスコ事務所ではベイリアで活躍する本学卒業生との交流に力を入れています。
日時:2012年2月25日(土)9:00〜
場所:Picchetti Winery (Cupertino)

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/大阪大学北米地区同窓会NY地区懇親会及び送別会に参加します。

金曜日, 2月 24th, 2012

2012年2月24日(金)にニューヨーク「CONGEE BOWERY」で開催される大阪大学北米地区同窓会NY地区懇親会及び送別会に大阪大学北米地区同窓会事務局として参加します。(2012年2月24日)

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/大阪大学北米地区同窓会DC地区懇親会に参加します。

水曜日, 2月 22nd, 2012

2012年2月22日(水)にワシントンD.Cで開催される大阪大学北米地区同窓会D.C地区懇親会に大阪大学北米地区同窓会事務局として参加します。
(2012年2月22日)

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/ワシントンDCで開催されるAIEA Annual Conferenceに参加します。(2012年2月19日〜22日)

日曜日, 2月 19th, 2012

2012年2月19日から22日までワシントンDCにて開催されるAIEA (The Association of International Education Administrators) Annual Conferenceに参加します。(2012年2月19日から22日)

鹿児島大学北米教育研究センター/鹿児島国際コロキアムを開催します。(2012年2月上句)

水曜日, 2月 15th, 2012

鹿児島国際コロキアムを開催します。本学と米国の特定大学との研究交流の促進を開催目的として、2010年度は第1回として感染症の治療や予防に関する共同研究・情報共有による更なる国際連携を目指しました。今回も参加者は鹿児島大学基調講演の教授。そして米国現地から米国の大学や企業の関係者、日系団体関係者、JUNBA関係者などが参加します。(2012年2月上句)

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/春期集中遠隔講義を開催します。(2012年2月14日〜17日)

火曜日, 2月 14th, 2012

Discussionベースの春期集中遠隔講義を開催します。(2012年2月14日〜17日)

鹿児島大学北米教育研究センター/「第4回鹿児島国際科学技術フォーラム」を開催する予定です。(2012年2月上句)

金曜日, 2月 10th, 2012

「第4回鹿児島国際科学技術フォーラム」を開催する予定です。(2012年2月上句)
開催目的: 国際社会貢献を目指し、鹿児島大学で発明された多くの優れた技術を、広く世界の平和と繁栄および地球環境のために活用し普及させることを目的とする。2008年より年1回実施、過去3回開催。参加者は鹿児島大学理事、副学長、基調講演の教授等。現地から米国の大学や企業の関係者、日系団体関係者、JUNBA関係者などが参加します。

JUNBA/第6回JUNBA2012が文教ニュースに掲載されました。(2012年2月6日)

月曜日, 2月 6th, 2012

第6回JUNBA2012が文教ニュースに掲載されました。(2012年2月6日)

第6回JUNBA2012を開催 – 国際化に向けた大学経営について意見交換 – 文教ニュース第2174号 P.43を
ご覧下さい。

東京理科大学サンフランシスコ事務所/北加理窓会を開催しました。(2012年1月21日)

土曜日, 1月 21st, 2012

北加理窓会を開催しました。ベイエリアで活躍中の東京理科大卒業生6名と、UC Davisに留学中の東京理科大生5名、東京理科大サンフランシスコ事務所職員、そして卒業生の家族4名が参加する新年会を兼ねた懇親会が開催されました。SF ベイエリアにおける本学卒業生と本学留学生とのネットワーク作りに東京理科大サンフランシスコ事務所は力を入れています。(2012年1月21日)
日時:2012年1月21日(土)12:30〜
場所:OB久保井氏の自宅(Pleasanton)

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/本学高橋理事(国際交流担当副学長)・東島理事(教育担当副学長)・弘津センター長(オランダ・グロニンゲン教育研 究センター)・関センター長(タイ・バンコク教育研究センター)・古川センター長(中国・上海教育研究センター)他、関係者らを迎えて、大阪大学4海外拠点センター長会議を開催します。(2012年1月8日)

日曜日, 1月 8th, 2012

本学高橋明理事(国際交流担当副学長)・東島清理事(教育担当副学長)・弘津禎彦センター長(オランダ・グロニンゲン教育研究センター)・関達治センター長(タイ・バンコク教育研究センター)・古川裕センター長(中国・上海教育研究センター)他、関係者らを迎えて、大阪大学4海外拠点センター長会議を開催します。また、この機会に阪大同窓会役員等と新年昼食会を開催いたします。(2012年1月8日)

大阪大学サンフランシスコ教育研究連絡センターホームページ
大阪大学バンコク教育研究センターホームページ
大阪大学上海教育研究センターホームページ
大阪大学グローニンゲン教育研究センターについて

東京理科大学サンフランシスコ事務所/理工学研究科土木工学専攻から学生がUC DavisのDept. of Civil and Environmental Engineering に留学します。(2012年1月1日~2012年12月31日)

日曜日, 1月 1st, 2012

東京理科大学理工学研究科土木工学専攻から学生がUC DavisのDept. of Civil and Environmental Engineering に留学します。(2012年1月1日~2012年12月31日)

九州大学北米同窓会を開催しました。(2011年12月16日)

金曜日, 12月 16th, 2011

九州大学北米同窓会を開催しました。(2011年12月16日(金))
北米カリフォルニア州サンフランシスコやサンノゼ等のシリコンバレー地域に在住する九州大学同窓生により北米同窓会を開催しました。
詳細はこちら

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/カリフォルニア大学バークレー校のEast Asian Languages and Cultures Undergraduate Student Association主催のWelcome to the East Asian Career and Research Info SessionにおいてJ-ShIPプログラムの宣伝のための講演をします。(2011年11月29日)

火曜日, 11月 29th, 2011

カリフォルニア大学バークレー校のEast Asian Languages and Cultures Undergraduate Student Association主催のWelcome to the East Asian Career and Research Info SessionにおいてOsaka University J-ShIP (Japanese Short-stay In-session Program)の宣伝のための講演をしました。(2011年11月29日)

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/デンバーで開催されるACTFL 2011 Annual Convention and World Languages Expoに参加しました。(2011年11月18日〜20日)

金曜日, 11月 18th, 2011

2011年11月18日〜20日までデンバーのColorado Convention Centerで開催されるACTFL 2011 Annual Convention and World Languages Expoに参加しました。

鹿児島大学北米教育研究センター/2011年9月23日開催された鹿児島大学「大学連携による合同海外研修in米国カリフォルニア」の記事が文教ニュースに掲載されました。(2011年11月7日)

月曜日, 11月 7th, 2011

2011年9月23日開催された鹿児島大学「大学連携による合同海外研修in米国カリフォルニア」の記事が文教ニュースに掲載されました。(文教ニュース第2162号47ページ、2011年11月7日発行)

鹿児島大学北米教育研究センター/2011年9月23日開催された鹿児島大学「第6回日米未来フォーラム」の記事が文教ニュースに掲載されました。(2011年11月7日)

月曜日, 11月 7th, 2011

2011年9月23日開催された鹿児島大学「第6回日米未来フォーラム」の記事が文教ニュースに掲載されました。(文教ニュース第2162号47ページ、2011年11月7日発行)

九州大学カリフォルニアオフィス/カリフォルニアオフィス便りがキャンパスマガジンに掲載されました。(2011年11月1日)

火曜日, 11月 1st, 2011

九州大学カリフォルニアオフィス便り「国際部共催英語研修2011」がキャンパスマガジンに掲載されました。(2011年11月1日)

詳細はこちら

九州大学カリフォルニアオフィス/ウェブマガジン「留学交流」2011年11月号Vol. 8に松尾正人所長の「日本の学生をできるだけ多く国外に出そうー九州大学のカリフォルニア英語研修の紹介ーが掲載されました。(2011年11月1日)

火曜日, 11月 1st, 2011

ウェブマガジン「留学交流」2011年11月号Vol. 8に松尾正人所長著「日本の学生をできるだけ多く国外に出そう ー 九州大学のカリフォルニア英語研修の紹介」が掲載されました。(2011年11月1日)

詳細はこちら
詳細はこちら

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/シンポジウム「Toward a Sustainable Energy Policy after FUKUSHIMA: Voices for Reform」を開催しました。(2011年10月27日)

木曜日, 10月 27th, 2011

UCバークレー日本学研究センターUCB-CJSとの共催で、一般公開シンポジウムを、CJSにて開催しました。
前半では、本学レーザーエネルギー学研究センターの高部英明教授から、日本の原子力政策の歴史から地球温暖化問題等大局的な課題、エネルギー問題の本質と今後の方向性に関する基調講演(Proposal for Future: Starting from Inconvenient Truth after FUKUSHIMA:)、後半では東北被災現場からのSkype中継やパネルディスカッション等が実施されました(約90名参加)。終了後、日米学生間交流ネットワーキングのためレセプションが開催されました。(2011年10月27日(木)午後4時-6時)

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/「新咸臨丸プロジェクト2011」を開催しました。(2011年10月26日〜11月3日)

水曜日, 10月 26th, 2011

阪大SFセンターが本学産学連携本部等との共催で、総領事館会議室にて、”Build-Back-Better, Go Beyond the Crisis –Challenge to Work Together for Better World (Japan and California)”、そして3.11の東日本大震災からの復興をテーマとしてワークショップを開催しました。本学大学院各研究科・GCOEより19名、米国UCバークレー・サンディエゴ・リバーサイド、スタンフォード大学等より16名の院生、合計35名の学生を迎えての日米学生討議や、自主企画の大学・シリコンバレー企業・ラボ訪問等が実施され、事前研修・報告会も含めて無事盛会裏に終了いたしました。(2011年10月26日〜11月3日)

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/シアトルにあるワシントン大学の留学フェアでブース出展し、交換留学プログラムの広報を行いました。また、日本留学希望者向けワークショップにて、大阪大学交換留学生プログラムについてプレゼンテーションを行いました。(2011年10月19日)

水曜日, 10月 19th, 2011

シアトルにあるワシントン大学の留学フェアでブース出展し、交換留学プログラムの広報を行いました。またワシントン大学にて日本留学希望者向けワークショップにて、大阪大学交換留学生プログラムについてプレゼンテーションを行いました。(2011年10月19日)

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/UCサンディエゴ校の留学フェアでブース出展し、交換留学プログラムの広報を行いました。(2011年10月17日)

月曜日, 10月 17th, 2011

UCサンディエゴ校の留学フェアでブース出展し、交換留学プログラムの広報を行いました。(2011年10月17日)

鹿児島大学北米教育研究センター/遠隔講義「国際イノベーション概論」(2011年度後期)を開講しました。(2011年10月8日〜2012年1月28日)

土曜日, 10月 8th, 2011

遠隔講義「国際イノベーション概論」を昨年度と同様2011年度後期分を開講しました。イノベーションにより、世界が直面する医療、環境、教育、経済、食糧、紛争などの共通の課題を解決するために必要なスキルと、その習得方法を学習します。
内容と方法
 イノベーションの重要性とイノベーションを起こすためには、どのようなスキルを身につけるべきか、そしてどのような心構えで習得すべきかを、概論として鹿児島で講義を行う。その後日本と米国の過去から現在に至るイノベーションの事例を分野ごとに、米国で活躍する日本人起業家、大学教授、研究者、コンサルタント、作家、日系移民など複数の日本人により、実際の経験に基づいた講義を高速インターネットを介して米国からの遠隔授業で行う。(2011年10月8日〜2012年1月28日)

2011年度シラバスの詳細はこちら
参考のために2010年度のシラバスの詳細はこちら

横浜市立大学カリフォルニアオフィス/遠隔講義「日米ビジネス最前線とリーダーシップ」を九州大学カリフォルニアオフィスから配信しています。(2011年10月4日〜2012年1月27日)

火曜日, 10月 4th, 2011

遠隔講義「日米ビジネス最前線とリーダーシップ」を九州大学カリフォルニアオフィスから配信しています。(2011年10月4日〜2012年1月27日)

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/UCロスアンジェルス校の留学フェアでブース出展し、交換留学プログラムの広報を行いました。(2011年10月4日)

火曜日, 10月 4th, 2011

UCロスアンジェルス校の留学フェアでブース出展し、交換留学プログラムの広報を行いました。(2011年10月4日)

九州大学カリフォルニアオフィス/遠隔授業「日米ビジネス最前線とリーダーシップ」が始まりました。(2011年10月4日~2012年1月27日)

火曜日, 10月 4th, 2011

この授業の目的は、学生に出来るだけ広い世界を見てもらいたいことにあります。そのために新事業で日米で活躍しておられる10人のビジネスリーダーの方に登場いただき、遠隔授業を通してそのビジネスとそれを支える理念や考え方をお話しいただきます。それに加えて、イノベーションフォーラムと題して、日本のこれからの自然エネルギーについて調査し、発表して議論する会を作りました。今一番問題になっている日本のエネルギー政策について、学生の立場で意見が言えるようにしようとしています。日本という高度な文化と思いやりのある環境の中で育つことは大変素晴らしいですが、島国環境のせいか視野が狭くなりがちです。この授業により、一人でも多くの学生が触発され、視野を広げ、自分で考えるようになり、新しいことにチャレンジすることを期待しています。

詳細はこちら
授業の詳細はこちら

東京理科大学サンフランシスコ事務所/東京理科大学スプリング研修プログラム”シリコンバレーでキャリアパスを考えよう”の説明会を神楽坂キャンパスで開催しました。(2011年11月1日)

土曜日, 10月 1st, 2011

東京理科大学スプリング研修プログラム”シリコンバレーでキャリアパスを考えよう”の説明会を神楽坂キャンパスで開催しました。(2011年11月1日)

ポスターはこちら
詳細はこちら

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/UCデービス校の留学フェアでブース出展し、交換留学プログラムの広報を行いました。(2011年9月29日)

木曜日, 9月 29th, 2011

UCデービス校の留学フェアでブース出展し、交換留学プログラムの広報を行いました。(2011年9月29日)

福岡工業大学カリフォルニア事務所/カリフォルニア州立大学イーストベイ校との連携により、職員の海外研修を実施します。(2011年9月後半~11月始めまで))

木曜日, 9月 29th, 2011

カリフォルニア州立大学イーストベイ校との連携により、「Academic Planning」をテーマとした職員の海外研修を実施します。

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/UCバークレー校の留学フェアでブース出展し、交換留学プログラムの広報を行いました。(2011年9月23日)

金曜日, 9月 23rd, 2011

UCバークレー校の留学フェアでブース出展し、交換留学プログラムの広報を行いました。(2011年9月23日)

福岡工業大学カリフォルニア事務所/鹿児島大学日米未来フォーラムに参加しました。(2011年9月23日)

金曜日, 9月 23rd, 2011

鹿児島大学主催の日米未来フォーラムに本学学生と職員が参加しました。(2011年9月23日)

鹿児島大学北米教育研究センター/第6回「日米未来フォーラム」をサンノゼ州立大学で開催しました。(2011年9月23日)

金曜日, 9月 23rd, 2011

次世代を担う日本と米国の若者のために、また、日本とアメリカの新しい関係を考え行動することを目的として第6回「日米未来フォーラム」をサンノゼ州立大学で開催しました。今年は「The Youngest Last Samurai」をテーマにして、日本の近代化が始まった明治初期に、夢を持って米国へ渡り、苦学をして歯科医師になり、日本の歯科医学教育と歯科医療の向上に貢献した高山紀齋(たかやまきさい)、片山敦彦(かたやまあつひこ)、一井正典(いちのいまさつね)と、その若者達を指導育成した米国人歯科医Dr. Daniel Van Denburghをテーマに基調講演やパネルディスカッションが行われ、猪俣総領事もパネリストとして活発な議論に参加しました。また、日本の5大学、鹿児島大学、東京工業大学、東京歯科大学、青山学院大学及び福岡工業大学から51名の学生が参加し、環境、経済、教育、医療保健等の問題に関する学生発表も行われました。(2011年9月23日)

詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/SFミニカフェを開催しました。(2011年9月18日)

日曜日, 9月 18th, 2011

本学学部生向けに遠隔講義(国際教養科目)3科目を配信(前期約200名、後期約100名受講、本年度より後期集中遠隔講義を配信予定)しているが、新入生の早い段階での留学経験こそ、大学/日本の国際化につながるものと思われる。実際にこの講義を受けた理学部・基礎工学部1年生等6名が当センターを訪問して情報交換・交流を行った。(2011年9月18日)

福岡工業大学カリフォルニア事務所/鹿児島大学北米教育研究センター主催の海外基礎コースプログラムに参加しました。(2011年9月17日〜9月27日)

土曜日, 9月 17th, 2011

9月17日(土)から9月27日(火)までの11日間、システム工学科4年の2名の学生が米国のサンホゼで実施される鹿児島大学主催海外基礎コースに参加しました。

知能機械工学科3年 安河内秀和君の感想文
生命環境科学科2年 山口衣織さんの感想文
短期大学部情報メディア学科2年 藤村尚史君の感想文

鹿児島大学北米教育研究センター/海外基礎研修を開催しました。(2011年9月17日〜9月25日)

土曜日, 9月 17th, 2011

海外基礎研修を開催しました。
北米教育研究センターでは、財団法人日本学生支援機構(JASSO)の留学生交流支援事業である「大学連携による合同海外研修in米国カリフォルニア」を9月17日~9月25日の8日間の日程で、米国シリコンバレーで実施した。
 同プログラムは、鹿児島大学の共通教育課目である「海外研修基礎コース」として、また北米教育研究センターが学部3、4年生及び大学院生向けに開講している「海外インターンシップ・プログラム」の一部として実施しているもので、米国のシリコンバレー地区において、世界のトップレベルの研究者や米国で活躍する日本人、最先端の技術、雄大な自然に接し、文化や価値観、考え方の違いを体験することにより、国際的な広い視野を身につけると共に、人生や勉学に対する目標を定め、自己実現の基礎とすることを目標としている。
 今年度は、東京工業大学、東京歯科大学、青山学院大学及び福岡工業大学との連携プログラムとして、連携大学からの参加学生17名を含む総勢51名の学生が参加して行われた。参加者達は、北米教育研究センター長である井手祐二特任教授のガイダンスを受けながら、現地のIT関連企業、サリナスの日系米国人の経営する農場等の見学、スタンフォード大学、UCバークレー校やサンノゼ州立大学等を訪問し、講演会、研究者や技術者とのディスカッション及び学生達との交流を通じて、国際的な様々な観点から多くのことを学び、自己啓発への強い刺激をうけていた。
 プログラムの最後には、同センターが主催した第6回日米未来フォーラムにおいて、参加者全員がグループ毎に別れてプログラム参加の成果を英語で発表して修了した。(2011年9月17日〜9月25日)

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/理学部科学英語夏期海外研修のシリコンバレー研修と日米学生交流会を開催しました。

金曜日, 9月 16th, 2011

理学部科学英語夏期海外研修のSFシリコンバレー研修(15日)と日米学生交流会(地元Gorge Washington高校生との交流会)の開催(16日)を開催しました。
SMCで理学部科学英語夏期海外研修中の学部生21名を対象に、マイクロソフト・スタンフォード大学等のシリコンバレー研修を実施すると共に、当センターで懇談会(ミニカフェ)を行いました。また翌日は英語研修の成果を試すべく、SF市内にあるGorge Washington高校を訪問して、東日本大震災・大阪大学・大阪弁に関する高校生向けのグループ発表会、およびSF市内での日米学生交流会(日米学生の混合チームによるSF市内スカベンジャーハント)を開催しました(日米学生約40名)。

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/「理工系大学院生のための海外研究発表研修プログラム」で米国に滞在中の研修生とUCバークレーの学部学生との交流会をUCバークレーで開催しました。(2011年9月14日)

水曜日, 9月 14th, 2011

「理工系大学院生のための海外研究発表研修プログラム」で米国に滞在中の研修生とUCバークレーの学部学生との交流会をUCバークレー教室並びにUCバークレーのInternational Houseにおいて開催しました。日米から学生約80名が参加しました。(2011年9月14日)

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/SFメンター・講師会議を開催しました。(2011年9月12、13日)

月曜日, 9月 12th, 2011

SFメンター・講師会議を開催しました。(2011年9月12、13日)日米学生のリクルート状況、ワークショップとSFシリコンバレーの大学・企業訪問先、担当分担案等、具体的な情報交換を行いました。

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/ 開発中の超短期J-Ship(夏期集中型日本語研修)プログラム実施に向けた会合をカリフォルニア大学サンタバーバラ校EAPにて開催しました。(2011年9月6日)

火曜日, 9月 6th, 2011

開発中の超短期J-Ship(夏期集中型日本語研修)プログラム実施に向けた会合をカリフォルニア大学サンタバーバラ校EAPにて開催し、J-Shipを中心に交換プログラムに関する情報交換をしました。(2011年9月6日)

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/開発中の超短期J-Ship(夏期集中型日本語研修)プログラム実施に向けた会合をカリフォルニア大学EAP本部にて開催しました。(2011年9月6日)

火曜日, 9月 6th, 2011

開発中の超短期J-Ship(夏期集中型日本語研修)プログラム実施に向けた会合をカリフォルニア大学EAP本部にて開催し、J-Shipを中心に交換プログラムに関する情報交換をしました。(2011年9月6日)

福岡工業大学カリフォルニア事務所/ACE Program@FITを実施します。(2011年9月4日-9月10日)

日曜日, 9月 4th, 2011

カリフォルニア州立大学イーストベイ校から選抜学生10名が本学を訪れます。9月2日までカリフォルニア州立大学で実施されるプログラムの日本版で、日本学生12名と米国学生10名は、カリフォルニアでの1週間の集中講義のあと、日本での1週間集中講義を受講することになります。
講義は、本学教授陣に加えて、元福岡県知事の麻生氏、クーパス米国主席総領事、NEDO技術参与久留島氏など、米国同様多彩な顔ぶれをお迎えして実施の予定です。

東京理科大学サンフランシスコ事務所/理工学研究科機械工学専攻の学生がUC Davis, Dept. of Chemical Engineering and Materials Scienceに留学します。(2011年9月1日~2012年1月31日)

木曜日, 9月 1st, 2011

東京理科大学サンフランシスコ事務所/理工学研究科機械工学専攻の学生がUC Davis, Dept. of Chemical Engineering and Materials Scienceに留学します。(2011年9月1日~2012年1月31日)

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/”新咸臨丸プロジェクト2011″のための実施担当者TV会議を開催しました。(2011年9月1日)

木曜日, 9月 1st, 2011

「新咸臨丸プロジェクト2011」のための実施担当者TV会議を大学本部とセンター間で開催しました。(2011年9月1日)

福岡工業大学カリフォルニア事務所/鹿児島大学北米教育研究センター主催の海外インターンシップ・プログラムに参加しました。(2011年9月1日〜9月16日)

木曜日, 9月 1st, 2011

鹿児島大学北米教育研究センター主催の海外インターンシップ・プログラムに本学から1名が参加しました。(2011年9月1日〜9月16日)

知能機械工学科3年 安河内秀和君の感想文

鹿児島大学北米教育研究センター/海外インターンシッププログラムを開催しました。(2011年9月1日〜9月16日)

木曜日, 9月 1st, 2011

海外インターンシッププログラムを開催しました。(2011年9月1日〜9月16日)

福岡工業大学カリフォルニア事務所/下村学長がカリフォルニア州立大学イーストベイ校を表敬訪問(2011年8月27日-9月2日)

土曜日, 8月 27th, 2011

本学から下村学長がCSUEBを訪問し、リロイ学長と今後の展開について、意見交換いたします。

福岡工業大学カリフォルニア事務所/カリフォルニア州立大学イーストベイ校におけるACE Programに参加しました。(2011年8月27日-9月2日)

土曜日, 8月 27th, 2011

本学から、学長選抜の学生12名がカリフォルニア州立大学イーストベイ校でのACE Program(Advanced Cultural and Educational Program)に参加します。カリフォルニア州立大学イーストベイ校の選抜学生10名とともに、1週間の英語による集中講義を受講します。本年度から新設の夏期プログラムです。講義は、カリフォルニア州立大学イーストベイ校リロイ学長、副学長や学部長に加えて、在サンフランシスコ総領事館から原田領事、カリフォルニア州立大学シェラット理事長、レストランYoshi’sの秋葉オーナーなど、多彩な顔ぶれによるリレー形式での教養講座です。

九州大学カリフォルニアオフィス AgriBio Leader English Program (ALEP)を実施しました。(2011年8月22日~9月16日)

月曜日, 8月 22nd, 2011

九州大学農学研究院とCAオフィスが全面的にバックアップしたアグリバイオリーダー育成プログラムAgriBio Leader English Program (ALEP) が無事終了しました。これは俯瞰的視野・国際的感覚をもった農学関連(アグリバイオ)分野の専門技術者の育成を目的とするプログラムで、農学部から学部生14人、大学院生2人の計16人が参加しました。このプログラムでは、毎週月曜日から木曜日まで英語コミュニケーション能力向上のための集中的な講義を受講し、毎週金曜日には農学研究院とCAオフィスがアレンジしたフィールドトリップを行いました。アメリカのバイオ・食品関連の企業や、いくつかの大学の最先端の農学研究開発施設などを見学し、ビジネスマンや研究者とディスカッションを行うことができました。

詳細はこちら

九州大学カリフォルニアオフィスSilicon Valley English Study Program (SVEP) を実施しました。(2011年8月22日~9月16日)

月曜日, 8月 22nd, 2011

九州大学CAオフィスが全面的にバックアップして実施したSilicon Valley English Study Program (SVEP) が無事終了しました。今回で5回目となるこのプログラムは、主にサンノゼ州立大学で行われ、40名の参加がありました。毎週月曜日から木曜日まで英語コミュニケーション能力向上のための集中的な講義を受講し、毎週金曜日にはCAオフィスがアレンジしたフィールドトリップ(主として企業と大学)を通して、世界を牽引するビジネス戦略モデルを学び、実際に働くビジネスマンから日米間の働き方の違いなど生の声を聞くことができました。

詳細はこちら

鹿児島大学北米教育研究センター/シンガポール海外研修を、東京工業大学、 早稲田大学と合同で行ないました。(2011年8月21日〜24日)

日曜日, 8月 21st, 2011

/シンガポール海外研修を、東京工業大学、 早稲田大学と合同で行ないました。10名の学生が、シンガポール国立大学の日本語学科やMOTおよび癌科学研究所、地元ベンチャー企業、日本人協会、シンガポール都市再開発庁などを訪問しました。鹿児島大学からは昨年米国での海外研修を体験した学生も参加し、日本、北米、東南アジアの3極を循環することで、より幅広い国際知識と経験を有する人材の育成プログラムに発展しています。(2011年8月21日〜24日)

鹿児島大学北米教育研究センター/東京工業大学、 早稲田大学と合同でシンガポール海外研修を行ないました。(2011年8月21日〜24日)

日曜日, 8月 21st, 2011

東京工業大学、 早稲田大学と合同でシンガポール海外研修を行ないました。10名の学生が、シンガポール国立大学の日本語学科やMOTおよび癌科学研究所、地元ベンチャー企業、日本人協会、シンガポール都市再開発庁などを訪問しました。鹿児島大学からは昨年米国での海外研修を体験した学生も参加し、日本、北米、東南アジアの3極を循環することで、より幅広い国際知識と経験を有する人材の育成プログラムに発展しています。(2011年8月21日〜24日)

福岡工業大学カリフォルニア事務所/ホームステイプログラムを実施します。(2011年8月19日-21日)

金曜日, 8月 19th, 2011

OFSCA(Oakland Fukuoka Sister City Association)と共同で、学生向けのホームステイプログラムを実施します。オークランド市と福岡市は、来年、姉妹都市提携50周年を迎えます。福岡の大学として、本学も様々な形でOFSCAと連動していく計画です。

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/SF日米学生交流会を開催しました。(2011年8月19日)

金曜日, 8月 19th, 2011

若手ネットワークを促進すべく、SF総領事館の若手職員の協力のもと、日米若手職員学生交流会を開催しました。企業からの若手も含めて約60名が参加しました。(2011年8月19日)

福岡工業大学カリフォルニア事務所/OFSCA Fund Raising Event @ Oakland(2011年8月14日)

日曜日, 8月 14th, 2011

オークランド・福岡の姉妹都市提携50周年に向けたFund Raising Eventに本学代表として職員2名が参加いたしました。

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/SFミニカフェを開催しました。(2011年8月12日)

金曜日, 8月 12th, 2011

長野県から中・高校生が当センターを訪問する機会を利用して、センター長が歓迎と人材育成に向けてのインフォーマルな講義・話題提供(グローバルリーダー育成という趣旨を踏まえ、咸臨丸SF渡航150周年の意義やジョン万次郎・福沢諭吉・阪大源流の適塾等、江戸・明治期に日本の若者により開かれた日米関係史等)を行いました。(2011年8月12日)

福岡工業大学カリフォルニア事務所/カリフォルニア州立大学における夏期語学研修を実施します。(2011年8月12日-30日)

金曜日, 8月 12th, 2011

カリフォルニア州立大学イーストベイ校ALPで実施される語学研修プログラムに、18名の学生が参加いたします。

九州大学カリフォルニアオフィス/若手研究者のための英語研修プログラム Young Researchers’ English Program (YREP)を実施しました。(2011年7月18 日~8月12日)

月曜日, 7月 18th, 2011

2011年7月18 日(月)~8月12日(金)の4週間、九州大学CAオフィスと九大化学系G-COE「未来分子システム科学」共催の若手研究者のための英語研修プログラム Young Researchers’ English Program (YREP)をサンノゼ州立大学のアメリカ英語研究所(SAL)で行いました。将来、世界で活躍する研究者を目指す15名の大学院生(博士課程9人、修士課程6人)が参加しました。

このプログラムは、若手研究者を対象に、国際学会等で自信を持って英語での発表や質疑応答を行えるような英語力の向上を目標に実施したもので、今回で4回目の開催となりました。また、毎週末にはフィールドトリップを実施し、参加者の専門分野に近い企業、研究所や大学を訪問し国際的な研究発表の実践的な練習を行いました。今回はUC Berkeley, IBM Almaden Research Center, Stanford University, San Jose State University などを訪問し、訪問先の教授や研究者を前に、参加者15名中12名が各自の研究内容について英語でのプレゼンテーションを行い、活発な質疑応答や意見交換などを行いました。またPlug and Play Tech Centerも見学し、ちょうど行われていたJannovationのピッチ発表を聞いて科学や技術がビジネスに繋がる経緯を身近に体験しました。

CAオフィスではこれらプレゼンテーションに先立ち各人の発表練習会を催し自信を持って発表できるよう指導しました。参加者は毎日実践的な英語の授業による英語力向上に加え、世界のインベーションを牽引するシリコンバレーを体感することで、世界で活躍する研究者としてのマインドを醸成することができたようです。さらに、世界で活躍するのは英語力がいかに不可欠であるか、そして、自分の研究以外の様々な分野において幅広い知識と理解がいかに必要であるかを肌で十分に感じたようで、非常に有意義なプログラムであったとの感想を述べてくれました。下記に参加者からの感想を一部抜粋しご紹介します。

(参加者からの感想 一部抜粋)
ここに来て初めて起業はリスクではなくチャンスであるということを鮮明に体感し、自分が日本という小さな殻に閉じこもっていたことに愕然とした。また同時に、自分も何か行動を起こしたいと胸が高鳴った。それだけここに来たことは私にとって大きな衝撃だった。YREP に参加して本当に良かったと思っている。

フィールドトリップは、アメリカで普段過ごすだけでは得られない違った体験ができて非常に貴重なものとなった。フィールドトリップで、いかに自分が狭い中で世界がどのようなことがおこっているかなど全く知らなかったかが思い知らされた。YREP では、いろいろなことを学ばせてもらっている。YREP のような非常に有意義なプログラムに参加できて非常に感謝している。

詳細はこちら

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/SFサイエンスカフェを開催しました。(2011年7月18日)

月曜日, 7月 18th, 2011

大阪大学サンフランシスコ教育研究センターでは、現在スタンフォード大学ナノサイエンスセンターに客員教授として滞在中で、ナノフォトニクスや科学者維新塾等非常に幅広い活躍をされている河田聡先生をセンターにお迎えしてSFサイエンスカフェを開催しました。

場所:大阪大学サンフランシスコ教育研究センター
日時:7月18日(月) 午後6時から8時
サイエンスカフェタイトル「A Success of Business Start-Up in Japan」

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/グリーン大阪プロモーションセミナーに参加しました。(2011年7月13日)

水曜日, 7月 13th, 2011

大阪大学サンフランシスコ教育研究センターでは大阪市主催の「グリーン大阪プロモーションセミナー朝食会とネットワーキングセミナー」を後援しました。大阪大学から辻毅一郎国際担当理事が講演します。北山啓三副市長ご一行がセンターを訪問され2012年の大阪・SF姉妹都市55周年に向かってさらに、協力関係を強化する事が話しあわれました。

日時:2011年7月13日(水)
場所:Parc 55 Wyndham Hotel
55 Cyril Magnin St. San Francisco, CA94102

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/2011年度北米同窓会を開催しました。(2011年7月8日)

金曜日, 7月 8th, 2011

本年は大阪大学創立80周年にあたることから辻毅一郎国際担当理事を迎え、「最近の阪大の動向」につき、また在ニューヨーク日本国総領事館篠原主席総領事様から「最近の日米外交」につき講演会を、引き続き懇談会を開催しました。

日時:2011年7月8日(金)18:20~
場所:The Cornell Club
6 East 44th Street
New York, NY 10017
電話:2129860300

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/大阪大学SFセンター放談会を開催しました。(2011年6月10日)

金曜日, 6月 10th, 2011

大阪大学サンフランシスコ教育研究センターでは、大阪大学から高部英明教授(レーザー・エネルギー学研究センター教授/本学G30国際物理コース主催者等)をゲストに、参加者の希望するテーマで話題提供いただき、あるいは日ごろの思いをぶつけ合う場として、気楽な、オフレコの若手放談会を企画開催しました。

テーマ:大震災と日本復興、環境・エネルギー・原発問題、グローバル人材育成、教育問題、その他自由
日時:2011年6月10日(金)15:00-18:00
場所:大阪大学サンフランシスコ教育研究連絡センター

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/SFサイエンスカフェを開催しました(2011年6月9日)

木曜日, 6月 9th, 2011

本学レーザー研高部英明教授のSFセンター訪問を機会に、同窓生や当センター協力者が集まり、東日本震災や福島原発問題、グローバル人材育成当につしてインフォーマルな意見・情報交換・交流会を開催しました。(2011年6月9日)

鹿児島大学北米教育研究センター/鹿児島大学北米教育研究センター移転しました。(2011年6月)

月曜日, 6月 6th, 2011

鹿児島大学北米教育研究センターが次の住所に移転しましたのでお知らせいたします。

Kagoshima University North American Center 2322-A Walsh Avenue, Santa Clara, CA95051
TEL:+1-408-855-0700
FAX:+1-408-855-0702

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/NAFSA第63回に参加しました。(2011年5月29日~6月3日)

日曜日, 5月 29th, 2011

大阪大学サンフランシスコ教育研究センターはバンクーバーにおいて開催されたNAFSAに参加しました。

日時:2011年5月29日(日)~6月3日(金)
場所:Vancouver,British Columbia州、カナダ

法政大学アメリカ研究所/ 国際遠隔セミナー「ハイテクベンチャーの起業家Vol.5」を開催しました。(2011年5月27日、日本時間5月28日)

土曜日, 5月 28th, 2011

国際遠隔セミナーを以下のとおり開催しました。本学市ヶ谷巻パス・ボアソナードタワー26階スカイホールと
当アメリカ研究所をインターネットで遠隔接続して同じ開催しました。米国側スピーカーは本大学工学部卒業の熊谷芳太郎氏。
詳細については次のセミナーのご案内
をご参照ください。

法政大学アメリカ研究所/ 2011年度も国際遠隔授業(MBA関連項目)をアメリカ研究所より配信します。 (2011年度は、東日本大震災による被災学生の受講も受け入れます)

土曜日, 5月 14th, 2011

震災の影響により授業開始が5月に延期になっておりました今年度の遠隔授業がまもなく開講いたします。
詳細はこちら

なお、今年度は、大学eラーニング協議会と共同で、被災学生にも上記の授業を開放するほか、アメリカ研究所とIT研究センターが共同で制作したe-Learning教材も無償公開しています。以下をご参照ください。
詳細はこちら

法政大学アメリカ研究所/Plug and Play Tech Center(Sunnyvale)内にブランチオフィスを開設

月曜日, 5月 9th, 2011

5月より現在のBurlingameのオフィスに加えて、Plug and Play Tech Center(Sunnyvale) 内にもオフィススペースを開設しました。

詳細はこちら

福岡工業大学カリフォルニア事務所/カリフォルニア州立大学イーストベイ校情報部門と、e-learningに関する勉強会を実施しました。(2011年5月3日~5月7日)

火曜日, 5月 3rd, 2011

e-learningに関する、カリフォルニア州立大学イーストベイ校と本学での情報を共有し、その方向性を探るべく、担当教員同士が勉強会を実施しました。(2011年5月3日~5月7日)

福岡工業大学カリフォルニア事務所/本学理事長が、カリフォルニア州立大学イーストベイ校を訪問します。(2011年5月中旬)

日曜日, 5月 1st, 2011

モー総長、リチャード委員長を始めとするカリフォルニア州立大学イーストベイ校経営陣を、本学理事長が訪問いたします。

福岡工業大学カリフォルニア事務所/カリフォルニア州立大学イーストベイ校との連携により、職員の海外研修を実施します。(2011年4月22日~6月11日)

金曜日, 4月 22nd, 2011

2011年4月22日~6月11日
カリフォルニア州立大学イーストベイ校との連携により、「Branding」をテーマとした職員の海外研修を実施します。

鹿児島大学北米教育研究センター/遠隔講義「国際プロフェッショナル概論」(2011年度前期)を開講しました。(2011年4月13日〜7月27日)

水曜日, 4月 13th, 2011

遠隔講義「国際プロフェッショナル概論」2011年度前期分を昨年と同様、当センターにおいて開講しました。国際社会で活躍できる人材に必要なスキルとその習得方法を学習します。
内容と方法
 国際社会で活躍するプロフェッショナルになるためには、どのようなスキルを身につけるべきか、そしてどのような心構えで習得すべきか、また国際機関での開発援助などについて、総論として鹿児島で3回の講義を行う。その後米国で活躍する外交官、会計士、大学教授、教育者、研究者、エンジニア、コンサルタント、通訳者、ジャーナリストなどの複数の日本人プロフェッショナルにより、実際の経験に基づいた講義を高速インターネットを介して米国からの遠隔授業で行います。(2011年4月13日〜7月27日)

2011年度シラバスはこちら
参考のため2010年度シラバスはこちらに詳細があります。

横浜市立大学カリフォルニアオフィス/九大カリフォルニアオフィスでの2011年前期遠隔授業を開講しました。(2011年4月12日〜7月26日)

火曜日, 4月 12th, 2011

九大カリフォルニアオフィスでの2011年前期遠隔授業を横浜市立大学向けに配送して開講しました。(2011年4月12日〜7月26日)

シラバスについての詳細はこちら

九大カリフォルニアオフィス/2011年前期遠隔授業を開講しました。(2011年4月12日〜7月26日)

火曜日, 4月 12th, 2011

2011年前期遠隔授業を開講しました。(2011年4月12日〜7月26日)15回のオムニバス講義である。全学教育・課題科目II(人間と社会)「会社とは何か,起業するとは何かを学ぼう」との連携科目 で九大(CAオフィス、箱崎、伊都、筑紫、大橋地区)と横浜市大にて開講。
授業概要:大学ではあまり会社やビジネスのことは教えないようだ。しかし90%の学生は会社に就職する。この講義はその隙間を埋めるものである。東京とシリコンバレーより多様な講師陣が会社の縦糸-研究、生産、市場開発、販売-とそれを支える横糸-人事、経理・財務、広報、総務など-、そしてそれを統括する経営の役割と考え方について経験を交えて論じて頂く。加えて起業の面白さおよびそれを支えるベンチャーキャピタルの見方まで学ぶ。少なくとも2回の授業はイノベーション・フォーラムと題して、あるテーマについての議論会を行う。
全体の教育目標:会社に入る前に会社の組織や機能、ビジネスモデルの本質を把握するとともに、会社内での自分の位置づけができるようにする。会社に入っても自分の部署のことしか知らないでは成長はない。自分は何が得意かを早く見つけ、それに向けた勉強をすること、そしてそれが最も発揮できる部署を探す、など積極的に動くことの必要性を学ぶ。また会社内で新事業を起こすことの重要さを理解し、新しいことを始める楽しさを学ぶ。

鹿児島大学北米教育研究センター/米国における法人登記を完了(2011年4月1日)

金曜日, 4月 1st, 2011

米国カリフォルニア州シリコンバレー地区にある鹿児島大学の海外拠点である「北米教育研究センター」が、本年4月1日付けでカリフォルニア州における法人登記を完了した。
 北米教育研究センターは、2004年(平成16年)にベンチャービジネスラボラトリーのシリコンバレーオフィスとして設置され、その後2008年9月に全学の海外拠点として発展的に改組され「北米教育研究センター」として、カリフォルニア州サンノゼ市に再スタートしたもの。
 同センターは、これまで学生のサマーインターンシッププログラム、短期海外研修を始めとして、日米未来フォーラム、国際科学技術フォーラム等を企画・実施し、ベイエリア地区に拠点を持つ日本の大学等で構成するJUNBA(サンフランシスコ・ベイエリア大学間連携ネットワーク)の活動にも積極的に参加するなど活発な活動を続けてきた。さらに昨年度からは、インターネットを利用した遠隔授業、「国際プロフェッショナル概論」及び「国際イノベーション概論」も開講している。
 鹿児島大学では、これらの活動を継続的に実施し、さらに発展させるためにカリフォルニア州の法人登記を検討してきたが、このたびようやく鹿児島大学のブランチオフィスとして正式な登録手続きを済ませた。
 これを機に、本学では同センターの今後の更なる事業の推進と発展を促進しようとしている。

詳細はこちら

福岡工業大学カリフォルニア事務所/米国高校との野球交流プログラムを実施します。(2011年3月19日-26日)

土曜日, 3月 19th, 2011

2011年3月19日-26日
カリフォルニア事務所と本学野球部の連携による、高校生向けの交流プログラム。
総勢30名の米国人学生は、大学寮にて本学学生と共同で生活します。
野球交流試合、オリンピック金メダリストの指導による柔道の練習体験、
長崎観光、福岡市内の観光など、本学学生や教員との文化交流機会が多く設け、
お互いの文化に対する共通理解を深めるプログラム構成となっています。

桜美林学園ファウンデーションオブアメリカ/堂本マリア氏が理事に承認されました。

水曜日, 3月 16th, 2011

桜美林学園ファウンデーションオブアメリカの堂本マリア氏が第63回JUNBA理事会において理事に承認されましたのでお知らせいたします。

鹿児島大学北米教育研究センター/国際特別講演会「世界の過去と未来~進鳥の気風」シリーズ第2回目を開催。(2011年1月28日)

金曜日, 1月 28th, 2011

2011年1月28日に「世界の過去と未来~進鳥の気風」シリーズ第2回目が開催されました。
講演会では、スタンフォード大学の西義雄教授に来て頂きましたが、多くの教職員に加え大学院生なども参加し、「大学の国際化とは~米国の大学と日本の大学を比較して~」をテーマに、大学国際化の過去と未来について議論をしました。

【日 時】2011年1月28日(金) 15:30~17:00
【場 所】鹿児島大学連合農学研究科3階 大会議室
【主 催】鹿児島大学北米教育研究センター

詳しくはこちら
詳しくはこちら

福岡工業大学カリフォルニア事務所/CSUEB理事長を本学にお招きして、職員研修の総括会議を実施します。

木曜日, 1月 27th, 2011

2011年1月27日-30日
カリフォルニア州立大学イーストベイ校理事長、リチャードシェラット氏を本学にお招きして、本学がイーストベイ校で実施する職員研修の来年度目標を含めて、本学理事と意見交換を実施します。

福岡カリフォルニア事務所/NetIBNewsに本学学長のインタビューが掲載されました。

火曜日, 1月 25th, 2011

本学学長のインタビューが、NetIBNews(ネットアイビーニュース)に掲載されました。

掲載記事(NetIBNews特別取材)
・2011年1月25日掲載
 グローバリゼーションのなかで 教職員・学生の適応力を高めたい~福岡工業大学・短期大学部・下村学長(1)詳しくはこちら
・2011年1月26日掲載
グローバリゼーションのなかで 教職員・学生の適応力を高めたい~福岡工業大学・短期大学部・下村学長(2)詳しくはこちら

法政大学アメリカ研究所/2010年度国際遠隔講義(学生向け)ー財務会計・後期授業を終了しました。(2010年9月25日〜2011年1月8日)

土曜日, 1月 8th, 2011

2010年度国際遠隔講義(学生向け)ー財務会計・後期授業を終了しました。(2010年9月25日〜2011年1月8日)
遠隔講義システムを用いた各種遠隔リアルタイム授業を実施しました。2010年度後期は、米国にある法政大学アメリカ研究所と九段校舎を接続し、デザイン工学部科目「財務会計」の支援を行いました。国際遠隔講義では、コースマネジメントシステム(CMS)”SAKAI”を利用し、授業録画コンテンツ視聴の他、課題提出や資料ダウンロードのツールとして活用しました。また、教員と受講生間のコミュニケーションツールとしては、SAKAIのChat機能を用いました。当科目は英語で講義を行うハイレベルな授業でしたが、合計6名の学生が履修しました。
開講日程: 2010年9月25日~2011年1月8日 土曜日 9:30~11:00 / 11:10~12:40(1,2限)〔リアルタイム授業〕全13回
担当教員 Suzanne Garrett 〔アメリカ〕
教室 市ヶ谷キャンパス:九段校舎1階 遠隔講義室1

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/2011年度北米同窓会新年会を開催しました

土曜日, 1月 8th, 2011

大阪大学北米地区同窓会はNYより荒谷仁志同窓会会長、また大阪大学本部より辻毅一郎国際担当理事、高杉栄一副学長を招いて新年会ランチを開催しました。

日時:2011年1月8日(土)12:00~
場所:The Westin San Francisco Airport
1 Old Bayshore Highway Millbrae, CA 94030

法政大学アメリカ研究所/開設10周年記念セミナーを開催しました。(2011年1月8日)

土曜日, 1月 8th, 2011

開設10周年記念セミナーを開催しました。
日時:2011年1月8日(土)15時より
場所:Embassy Suite Hotel, San Francisco Airport ‒ Burlingame
内 容: “HURIC 10th Anniversary Seminar -Traditional Arts with a State of the ArtTechnology”と題したセミナーを開催しました。当日は、日本より能楽師観世流シテ方 武田宗典氏をお招きして、簡単な舞を披露して頂きながら、能についてお話しいただきました。また、最近の能楽研究所とコラボレートした文理融合型の共同研究活動についてもご紹介させていただきました。

詳細はこちら

九州大学カリフォルニアオフィス/松尾正人所長の「インタビューシリーズ・九大人」が九大キャンパスマガジンに掲載されました。(2011年1月号)

日曜日, 1月 2nd, 2011

松尾正人所長の「インタビューシリーズ・九大人」が九大キャンパスマガジンに掲載されました。(2011年1月号)

記事の内容はこちら

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/大阪大学サンフランシスコ教育研究センター便りー「咸臨丸」太平洋横断150周年と早期留学の薦め・久保井亮一センター著が「生産と技術 第63巻第1号(2011)」に掲載されました。(2011年1月1日)

土曜日, 1月 1st, 2011

久保井亮一センター著「フランシスコ教育研究センター便りー「咸臨丸」太平洋横断150周年と早期留学の薦め」が「生産と技術 第63巻第1号(2011)」に掲載されました。(2011年1月1日)

詳細はこちら

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/浅田稔大阪大学教授によるインテリジェントロボティクスの講演会を開催しました。(2010年11月29日)

火曜日, 11月 30th, 2010

大阪大学サンフランシスコ教育研究センターでは、浅田稔大阪大学教授によるインテリジェントロボティクスの講演会を以下のとおり開催しました。

「ロボット三題噺~ロボカップ、知能共創システム、そしてロボシティコア~」
日時:2010年11月29日(月)18:00~20:00
場所:サンフランシスコ州立大学ダインタウンキャンパス
   835Market Street, San Francisco, CA 94103
共催:在サンフランシスコ日本国総領事館
   JETROサンフランシスコ
   JUNBA(サンフランシスコベイエリア大学間連携ネットワーク)
   JSPSサンフランシスコ研究連絡センター

鹿児島大学北米教育研究センター/国際特別講演会「世界の過去と未来~進鳥の気風」シリーズ第1回目を開催。(2010年11月30日)

火曜日, 11月 30th, 2010

鹿児島大学北米教育研究センターでは、昨年11月から国際特別講演会「世界の過去と未来~進取の気風」シリーズを開始しています。
第1回目は2010年11月30日に開催され、世界遺跡をテーマに世界遺産と地球環境について話し合いました。

【日時】2010年11月30日(火)18:00~19:30
【場所】鹿児島大学連合農学研究科3階 大会議室
【主催】鹿児島大学北米教育研究センター

詳しくはこちら
詳しくはこちら

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/若手グローバル・イノベーション人材育成による未来科学技術の開拓ワークショップを開催しました。(2010年11月29日)

月曜日, 11月 29th, 2010

若手グローバル・イノベーション人材育成による未来科学技術の開拓ワークショップを下記の日程で開催しました。

日時:2010年11月29日(月)~30(火)
場所:大阪大学サンフランシスコ教育研究センター
参加者:大阪大学、アメリカの大学の修士課程、博士課程の学生ほか

詳細はこちら
詳細はこちら

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/大阪大学北米同窓会SF地区第2回交流会を開催しました。(2010年11月16日)

火曜日, 11月 16th, 2010

大阪大学サンフランシスコ教育研究センターでは、大阪大学北米同窓会SF地区第2回交流会を下記のとおり開催しました。

日時:2010年11月16日(火)19:00~
場所:大阪大学サンフランシスコ教育研究センター
   100 Montgomery St., Suite 1270
San Francisco, CA94104

福岡工業大学カリフォルニアオフィス/CSUEB College of Letters, Arts and Sciencesを、電気工学科教員が訪問いたしました。(2010年11月16日)

火曜日, 11月 16th, 2010

2010年11月16日(火)
本学電気工学科教員として、コミュニケーション教育に取り組む中野美香助教が、CSUEBを訪問しました。
日米のコミュニケーション教授法の相違、今後の教育プラットフォームに関して、意見交換を致しました。

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/大阪大学北米同窓会シカゴ地区交流会を開催しました。(2010年11月11日)

木曜日, 11月 11th, 2010

大阪大学サンフランシスコ教育研究センターでは北米同窓会シカゴ地区交流会を開催しました。
日時:2010年11月11日(木) 19:00~

福岡工業大学カリフォルニアオフィス/職員研修チームがCSU Long Beach校を訪問しました。(2010年11月6日〜9日)

土曜日, 11月 6th, 2010

2010年11月6日(土)-9日(火)
職員研修であるFASTプログラムの一環で、本学職員3名がCSU Long Beach校を訪問しました。
外部ステークホルダーとの関係構築をテーマとして、本学とCSULBの相違点について意見交換を致しました。

鹿児島大学北米教育研究センター/本学の取り組みがJSPS San Franciscoニューズレター第19号(2010.10月発行)に掲載されました。

火曜日, 11月 2nd, 2010

本学の取り組みがJSPS San Franciscoニューズレター第19号(2010.10月発行)に掲載されました。

詳細はこちら(JSPS San Francisco ニューズレター第19号2010年10月発行、P4参照。)

福岡工業大学カリフォルニア事務所/本学の取り組みがJSPS San Franciscoニューズレター第19号(2010.10月発行)に掲載されました。

火曜日, 11月 2nd, 2010

本学の取り組みがJSPS San Franciscoニューズレター第19号(2010.10月発行)に掲載されました。

詳細はこちら(JSPS San Francisco ニューズレター第19号2010年10月発行、P2~3参照。)

福岡工業大学カリフォルニア事務所/CSUEBにて初年次研修に関する公開レクチャーを実施いたしました。(2010年11月2日)

火曜日, 11月 2nd, 2010

カリフォルニア州立大学イーストベイ校において、本学職員研修の一部を公開にて実施いたしました。

日時 :2010年11月2日(火)
場所 :カリフォルニア州立大学イーストベイ校 プレジデントカンファレンスルーム
テーマ:米国大学における初年次教育
講演者:Dr. Sally Murphy, Director of General Education Program

福岡工業大学カリフォルニア事務所/九州大学遠隔授業で講義実施しました。(2010年10月25日〜11月1日)

月曜日, 10月 25th, 2010

2010年10月25日(水)、11月1日(月)
九州大学カリフォルニアオフィスにおいて、九州大学ならびに横浜市立大学の学生さん向けに講義を行ないました。

詳細はこちら

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/後期遠隔講義を開始しました。(10月12日~1月25日)

月曜日, 10月 18th, 2010

後期遠隔講義「世界のトップレベル講義を聴こう:北米大学事情と最先端研究」を開始しました。

詳細はこちら

大阪大学サンフランシスコ教育研究センター/大阪市-サンノゼ市『クリーンテックセミナー』(大阪大学サンフランシスコ教育研究センター後援)を実施しました。(2010年10月15日)

火曜日, 10月 12th, 2010

大阪市・サンノゼ市共同開催『クリーンテック・セミナー』(OSAKA-SAN JOSE CLEAN TECH SEMINAR)(大阪大学サンフランシスコ教育研究センター後援)を実施しました。

日時 :2010年10月15日 午前8時30分~11時
場所 :San Jose City Hall

詳細はこちら

東京理科大学サンフランシスコ事務所/本学の大学院生2名がカリフォルニア大学デイビス校に研究留学します。

水曜日, 10月 6th, 2010

本学の交流協定校であるカリフォルニア大学デイビス校に、院生2名が到着しました。

理工学研究科 土木工学専攻 寺部研究室 修士課程に在籍する木村俊介君は、Prof. Allisa Kendallの下で2011年7月末まで、総合化学研究科 総合化学専攻 近藤研究室修士課程に在籍する福安健吾君は、Prof .Pieter Stroeveの下で、2010年12月末まで研究交流でデイビスに滞在します。

鹿児島大学北米教育研究センター/後期遠隔授業を開始します。10月4日〜1月31日

月曜日, 10月 4th, 2010

後期遠隔授業を毎週月曜日に開催します。期間は10月4日〜1月31日まで。詳細については2010年度後期に公開します。

九州大学カリフォルニアオフィス/遠隔授業「九大生よ、リーダになろう」が始まります10月4日~1月31日

月曜日, 10月 4th, 2010

この15回の授業では、日米を問わず何かの変化を起こしたり、起こそうとしている方々を選んで講師として来てもらいます。それぞれの講義を聞いて、何をどうやって変えようとしているかを学ぶことにより、学生に自分で変化を起こしてみようと考えるきっかけを作りたいと考えています。講師陣は地域の政治に携わる人、ビジネスマン、コンサルタント、大学のリーダ、NPOのリーダ、研究者、ベンチャーキャピタリスト、起業家、などを予定しています。単に講義を聞いて感想をレポートすることに加えて、いくつかの授業が終わった後に「イノベーション・フォーラム」という議論会を開いて、講師が提起する課題に対する学生間の議論を交わす機会を作ります。
この授業を通して、学生は変化を起こすことの重要性を理解し、自分の身の回りで変化を起こし始めることが出来るようになることを期待しています。

プログラムの詳細はこちら

九州大学カリフォルニアオフィス/第2回若手研究者英語研修プログラム開始10月4日〜10月29日

月曜日, 10月 4th, 2010

九州大学カリフォルニアオフィスでは、毎年、若手研究者英語研修プログラム(略称:YREP)を実施しています。今年は化学系10名、機械系3名、数理2名、農学1名の16人が参加します。このプログラムは、主として大学院生、ポスドクの方を対象とし、国際学会等で自信を持って英語での発表や質疑応答を行えるようになるようにプレゼンテーション訓練を主体に行っています。また、計4回のフィールドトリップを実施し、参加者の専門分野に近い企業や大学を訪問します。今年は、スタンフォード大、UCバークレー、Google、IBM研究所などですが、先方の学生や教授や研究者を前に参加者数名が各自の研究内容について英語でのプレゼンテーションを行い、意見交換などをとおして国際的な研究発表の実践的な練習の機会を作ります。この研修は他大学にも公開されていますが、今年は他大学からの参加はありませんでした。

プログラムの詳細はこちら

九州大学カリフォルニアオフィス/本学の取り組みがJSPS San Franciscoニューズレター第19号(2010.10月発行)に掲載されました。

金曜日, 10月 1st, 2010

本学の取り組みがJSPS San Franciscoニューズレター第19号(2010.10月発行)に掲載されました。

詳細はこちら(JSPS San Francisco ニューズレター第19号2010年10月発行、P5参照。)

法政大学アメリカ研究所/2010年度国際遠隔講義(学生向け)ー財務会計・後期授業を始めます。(2010年9月25日〜2011年1月8日)

土曜日, 9月 25th, 2010

2010年度国際遠隔講義(学生向け)ー財務会計・後期授業を開催しました。(2010年9月25日〜2011年1月8日)
遠隔講義システムを用いた各種遠隔リアルタイム授業を実施しています。2010年度後期は、米国にある法政大学アメリカ研究所と九段校舎を接続し、デザイン工学部科目「財務会計」の支援を行いました。国際遠隔講義では、コースマネジメントシステム(CMS)”SAKAI”を利用し、授業録画コンテンツ視聴の他、課題提出や資料ダウンロードのツールとして活用しました。また、教員と受講生間のコミュニケーションツールとしては、SAKAIのChat機能を用いました。当科目は英語で講義を行うハイレベルな授業でしたが、合計6名の学生が履修しました。

鹿児島大学北米教育研究センター/日米未来フォーラムを開催しました。(2010年9月24日)

金曜日, 9月 24th, 2010

北米教育研究センターでは、9月24日、米国カリフォルニア州サンノゼ州立大学で在サンフランシスコ日本国総領事館、日本学術振興会(JSPS)及びJUNBA(サンフランシスコ・ベイエリア大学間連携ネットワーク)の後援をうけて、サンノゼ州立大学との共催で、第5回日米未来フォーラムを開催した。
 同フォーラムは、次世代を担う日本と米国の若者のために、日米の新しい関係を考え行動することを目的として2006年から毎年開催されているもの。今年は、咸臨丸が始めて太平洋を横断してアメリカに渡ってから150周年にあたることから、「遣米使節団150周年」をテーマとし、鹿児島大学の他、東京工業大学、福岡工業大学及び青山学院大学からの32名の学生と数名の教職員、現地の学生、大学関係者、一般市民等約100名が参加した。
 前田芳實理事(研究担当)の開会挨拶の後、在サンフランシスコ総領事館の原田美智雄主席領事、JSPSサンフランシスコ研究連絡センターの竹田誠之所長、サンノゼ州立大学外国語学部のホッフ学部長から挨拶があった。
 続いて、北米教育研究センターで実施した「海外研修基礎コース」及び「サマーインターン」に参加した総数32名の学生が、世界共通の問題である医療、教育、環境、食糧、経済、紛争の6つのテーマで、それぞれ英語で発表した。引き続き、原口泉法文学部教授が「咸臨丸~日米の未来を築いたパイオニア達~」と題して特別講演を行った。
 最後に、サンノゼ州立大学及びカリフォルニア大学サンタクルーズ校の代表者も加わって、「日米関係の将来を考える」と題してパネルディスカッションが行われ、盛会のうちに終了した。

■開催日時: 9月24日(金)14:00~20:00
■会場: San Jose State University   WSQ109 (Washington Square Hall 109)

詳細はこちら
詳細はこちら

本活動がJSPS San Franciscoニューズレター第19号(2010.10月発行)P4に掲載されました。詳細はこちら

福岡工業大学カリフォルニア事務所/鹿児島大学日米未来フォーラムに参加しました。

金曜日, 9月 24th, 2010

9月24日
鹿児島大学主催の日米未来フォーラムに、職員4名と学生2名が参加します。

法政大学アメリカ研究所/国際セミナー「日本とシリコンバレーをつなぐプロフェッショナル」を開催しました。

金曜日, 9月 24th, 2010

法政大学地域研究センター主催(協力:法政大学アメリカ研究所)による国際セミナー「日本とシリコンバレーをつなぐプロフェッショナル」を行います。

講演者:
【米国側】アレン・マイナー氏(インキュベーション施設サンブリッジ運営)
【日本側】中町昭人氏(アンダーソン・毛利・友常法律事務所)  

日時:2010年9月24日(金)9:30~12:30(米国時間17:30~20:30)

場所:法政大学市谷キャンパス ボアソナード・タワー26階スカイホール
   (米国:法政大学アメリカ研究所)

詳細はこちら

福岡工業大学カリフォルニア事務所/カリフォルニア州立大学イーストベイ校との連携により、職員の海外研修を実施します。

木曜日, 9月 23rd, 2010

9月23日〜11月23日
カリフォルニア州立大学イーストベイ校との連携により、「External Relationship」をテーマとした職員の海外研修を実施します。

福岡工業大学カリフォルニア事務所/EAIE2010に参加しました。

火曜日, 9月 14th, 2010

9月14日~9月22日
フランスのナント市で開催されるEAIE2010に招待参加します。

鹿児島大学北米教育研究センター/海外研修基礎コースを開催しました。

月曜日, 9月 13th, 2010

海外研修基礎コースをシリコンバレーにて開催しました。期間は9月19日(日)〜26日(日)。

詳細はこちら
詳細はこちら

桜美林学園ファウンデーションオブアメリカ/開所式を行いました。

木曜日, 9月 2nd, 2010

9月2日、桜美林学園ファウンデーションオブアメリカの開所式を行いました。

桜美林学園ファウンデーションオブアメリカホームページはこちら

鹿児島大学北米教育研究センター/サマーインターンを開催しました。(9月1日〜9月30日)

水曜日, 9月 1st, 2010

サマーインターンをシリコンバレーにて開催しました。期間は9月1日(水)〜30日(日)。

本活動がJSPS San Franciscoニューズレター第19号(2010.10月発行)P4に掲載されました。
詳細はこちら

詳細はこちら

福岡工業大学カリフォルニア事務所/本学理事長メダル授与式を、カリフォルニア州立大学イーストベイ校で実施しました。

水曜日, 9月 1st, 2010

9月1日
本学理事長である鵜木洋二が、カリフォルニア州立大学より名誉学位に相当するメダルを授与しました。

JSPS San Franciscoニューズレター第19号(2010.10月発行)P3に掲載されました。詳細はこちら

福岡工業大学カリフォルニア事務所/鹿児島大学のプログラムに参加しました。

水曜日, 9月 1st, 2010

サマーインターンプログラムと、海外基礎研修に学生が参加致しました。

福岡工業大学カリフォルニア事務所/カリフォルニア州立大学イーストベイ校ALP で3 週間の語学研修を実施します。

月曜日, 8月 30th, 2010

8 月30 日~9 月17 日
カリフォルニア州立大学イーストベイ校ALP での、3 週間の語学研修。大学院生、学部生、短大生が対象。26名参加予定。

詳細はこちら

本活動がJSPS San Franciscoニューズレター第19号(2010.10月発行)P3に掲載されました。詳細はこちら

東京理科大学サンフランシスコ事務所/本学の大学院生2名がローレンスバークレー国立研究所に研究留学します。

金曜日, 8月 27th, 2010

2010年8月27日より、本学の大学院生2名がローレンスバークレー国立研究所に研究留学します。

理学研究科 応用物理学専攻 樋口研究室の修士課程2名(松本雅至君、青木聖也君)が、Advanced Light SourceのProf. Jinghua Guo の指導の下で、半年間修士論文に向けた実験を行いながら、バークレーに滞在する予定です。

福岡工業大学カリフォルニア事務所/ホームステイプログラムを実施します。

水曜日, 8月 25th, 2010

8月25日~29日
ソノマからサンホゼエリアまでの9つのCountyに分かれて、ホームステイプログラムを実施します。各地域では、市役所での市長へのインタビュー、地元商工会議所メンバーや地域住民との懇談、小学校~大学など教育機関の訪問など、異文化交流を中心としたプログラムを実施予定です。

福岡工業大学カリフォルニア事務所/シリコンバレーツアーを実施します。

水曜日, 8月 25th, 2010

8月25日
シリコンバレー商工会議所との共同プログラムとして、CISCO本社にて、最新のテレビ会議システムに関するレクチャーを、本学学生向けに実施します。また、Google本社にて、VPとの懇親会も設定します。

福岡工業大学カリフォルニア事務所/第20回日米草の根交流サミットに参加します。8月24日〜30日。

火曜日, 8月 24th, 2010

咸臨丸サンフランシスコ到着150周年を記念する「日米草の根サミット大会」に学生26名が参加します。

福岡工業大学カリフォルニア事務所/日米草の根交流サミット大会へ学生が参加します

月曜日, 8月 23rd, 2010

8 月23 日~29 日
日米草の根交流サミット大会への学生参加。ホームステイプログラムを中核とした交流プログラムによる。